STORYS.JP

佐藤 康猛

佐藤 康猛の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

佐藤 康猛の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

菱沼 真
818
34

人生で大切なことは全て小学校の校長室で学んだ

僕は小学生の頃、いわゆる「いじめ」で不登校になっていた時期がある。 「死にたい」 そう真剣に思っていたこともあった。 その窮地を救ってくれたのは、小学校の校長先生だった。 そして保健室登校ならぬ、「校長室登校」を経験した。 こんな話、人前でしたことなんてなかったが、当時の自分の素直な気持ちと、校長先生への感謝の言葉としてSTORYSに書きたい。 不登校 小学6年の時だ。 僕は不登校に陥っていた。 不
和田 晃一良
1943
12

プログラマは社会の底辺がなる職業だと思っていたら、プログラマになっていた話

中高生の頃、プログラマはブラックだと思っていました。 小学生のとき、部屋にPCが置かれPC中毒となる 僕が小学5年生のとき、家にWindows 98のPCが導入されました。 その頃の私にとって、PCというのは、物凄く面白いもので、夢の機械のように思えました。 最初はマインスイーパやソリティアを遊ぶだけでしたが、日々PCをさわるごとに、どんどんできることが広がり、更にインターネットが使えるようになる
Okuma Nozomi
229
2

今の自分はやりたい事に向かって邁進する自分史上最高の私。高校時代はコンプレックスの固まりだった。

オーストラリアで過ごした高校時代 オーストラリアで過ごした高校時代 高校時代の私は、取り柄がありというわけでもない、どちらかと言えば部屋でゲームしてひきこもっている事の多いパッとしない高校生でした。 私はオーストラリアの田舎、アドレードという小さな町で高校時代を過ごしました。こう書くと、高校の時から海外志向であったかのように思われますが、実際は親の仕事の関係で文句を言う事も許されず、半ば強引に連れて
菱沼 真
2846
12

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたもので す。 前回は、憧れのドイツ製最高級車BMW M3の納車までのSTORYでしたが、 今回は 「成功の足音が聞こえ出した時が一番危ない」 そんなお話です。 カッコよく言えば、そんな教訓になりますが、 一言で言えば、 「大きくやっちまった話」 です(笑) 【最高の車だったBMW M3】 22歳3月、もう大学の授業もなかった
近嵐 誠美
443
3

無謀な夢を語った18歳が同級生に「ドリームチェイサー」とバカにされた8年後…“あらぬ形”で批判を一蹴した話~前編~

おい、オマエ…現実みろよ。世の中、甘くねーぞ。 友達、両親、兄弟、同僚、先輩、上司… あなたも誰かに一度は言われたことがあるかもしれませんね。 決して誇れることではありませんが、 私は小さい頃から言われ続けてきました。 「なぜ、否定するのだろうか?」と、 当時の私は全く理解できませんでした。 しかし、今、冷静になって考えてみると、 否定されてしまうのは仕方がないことでした。 なぜなら、夢を実現させる
菱沼 真
565
10

中学2年の定期テスト3日前に右手首を骨折し全てテストを全て左手で受けた話

「青天の霹靂」 こんな有名な言葉があります。 意味:予想もしなかったような事件や変動が、突然起きること。 学校で習う有名なことわざの一つですが、 人生でこの言葉を初めて体感した日でした。 【事故は突然やってくる】 2学期の中間テストを3日後に控えた夕方、 当時テスト前だからと言って大して勉強なんかしてない僕は 「適度な休憩は大事」 と言い訳で自分を納得させ、近所の書店に毎週月曜恒例の週刊少年ジャンプ
菱沼 真
15012
31

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を

書きかけのストーリー

佐藤 康猛さんの書きかけのストーリーはありません

佐藤 康猛さんにもっと聞きたい話リクエストする

|