STORYS.JP

Park Yena

ennui

ストーリーをリクエストする

Park Yenaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

笠井 レオ
3231
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Fujiwara Ai
9887
33

まだ一回も婦人科検診を受けたことがない20代女性がいたら是非読んで欲しい、卵巣手術した時のお話。

だってこわいもん。 2012年3月末、当時25歳の私は初めて産婦人科へ検診に行きました。 周りの友人が急に子宮頸がんとか言いだして、検診行った?とか聞かれて 答えがノーだと凄い勢いで受けなさいよと言われていた、 のに なかなか行けずにいました。みんなも怖いよね? 正直未知の世界が怖かったし 病院好きじゃないし(好きな人いないか) 私はきっと大丈夫だろうと自負していました。 そんな私が行こうと奮起し
中野 晃子
370
2

(2) 12歳のときにインターネットとロリポップに出会った話、そしていまのぼくとペパボの話

「ピーガガガッガピー!!!ピー!ピーピーピーピーピー.....」 怪しげな音が室内に鳴り響く。 何のことは無い、インターネットに接続しているだけなのだが、当時はこのように大騒ぎだったのだ。 さて、インターネットを手に入れた著者12歳。 Netscape でネットサーフィン三昧。 右上に表示されているネスケのアイコンは、時折流れ星が流れて、いちいち感動したことを覚えてる。 Sh
Kato Yuki
4678
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが

書きかけのストーリー

Park Yenaさんの書きかけのストーリーはありません

Park Yenaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|