STORYS.JP

木寺 祥友

身長186㎝
起業家に向けたフェイスブックページ↓
https://www.facebook.com/pages/起業家ゼミナール/151579721650952

『アンドロイド・ジャパン —日本企業の命運を握るプラットフォーム—』の読者の方、遠慮なさらずにリクエスト下さい。100%承認いたします。

南青山骨董通りでIT系の事業を営んでおります。
Javaという言語を日本ではじめてプログラムしたことから、iアプリ、アンドロイドなどJava系の言語を主にてがけています。
最近ではJavaによるクラウド構築などもおこなっております。
政府系のITを構築するコンソーシアムであるオープンガバメントクラウドの顧問にも就任しております。

興味のあるジャンルとしては、以前本をだしましたが、コンピュータを使った自己啓発です。
コンピュータを遊びのためだけでなく、もっと人間を成長させるために使えないかということが、コンピュータを手がけるきっかけになったことであり、私の人生のテーマであり。目的です。
私自身コンピュータ、インターネットをフル活用して目標を次々と達成していきました。
人生の目標という壮大な計画こそ、コンピュータの力を使うことにより、よりいっそう具体的なものになります。
丁度、複雑な計算をする時にコンピュータを使えば、暗算ではできなかった高度で複雑な計算を、より速くできるようになったのと同じ事です。
目標設定こそコンピュータの力を借りなければならないと思っています。

米国では現在、自己啓発市場が1兆円に急成長しています。
日本では5万人の市場しかないと嘆いている人が多いですが、確実にこの波は日本にも来るでしょう。自己啓発のジャンルはマイナーではなく、低成長時代を生きぬく人にとって欠かせないスキルなのです。
収入の十分の一を自己投資に使っている米国ではアフタースクールやパワーランチ、ライフコーチングなどはあたりまえです。
自分を成長させるためにお金を使わなければというのではなく、自分を成長させるために何にお金を使うかということに意識が向いています。

面識のない方でも同意見の友達申請は歓迎です。

プロフィール(アマゾンより)

木寺 祥友(きでら・よしとも)
株式会社エル・カミノ・リアル代表取締役

神奈川県横浜市生まれ。パソコン黎明期よりIT業界へ足を踏み入れ、
1995年日本初のJavaプロジェクトにかかわり日本人としてはじめてJavaをプログラムする。Javaの生みの親であるジェームズ・ゴスリング、HotJavaを作ったアーサー・バン・ホフなどJava開発者と米国で交流を深め、サン・マイクロシステムズの協力により『Javaを創った人々』(アスキー)を執筆。
2001年、携帯電話にJavaが搭載されることを機に株式会社エル・カミノ・リアルを設立。
NTTドコモ504iシリーズのiアプリ(携帯Java)のプラットフォーム作りに携わる。
2006年ラスベガスにおいて米国最大の携帯電話コンファレンスCTIAで講演。
最近はスマートフォンJavaともいえるアンドロイドに注目し、講演多数。
政府系のIT組織、社団法人オープンガバメント・コンソーシアム顧問。
Mobile Cloud Creation顧問。

著書

『アンドロイド・ジャパン —日本企業の命運を握るプラットフォーム—』インプレス刊

『Javaを創った人々』アスキー刊

『マックユーザーのための目標ナビゲーション』光栄刊

『川柳で覚えるビデオ撮影術』光栄刊

『今すぐできるiアプリプログラミング』インプレス刊

★承認に関する書き込みをコメント欄にしないで下さい。必ず読みますのでメッセージでお願いします。★

ストーリーをリクエストする

木寺 祥友の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

木寺 祥友さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

木寺 祥友さんの書きかけのストーリーはありません

木寺 祥友さんにもっと聞きたい話リクエストする

|