STORYS.JP

中瀬 芳邦

中瀬 芳邦の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

中瀬 芳邦の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

松原 真倫
264
1

中学1年生が600万円を集めて母校を廃校から救おうとしている話

島根県津和野町にある人口300人の集落・左鐙 島根県の西端、山口県との県境にある人口8000人の町、津和野町。 この町に人口300人の左鐙という集落があります。 この小さな集落のシンボルとなっているのが、集落の中心部にある左鐙小学校です。                                                                                  
松草 達人
146
2

インドネシアで起業することを決めて2年が経つ。僕はまだ生きている。(後編) 〜2年が経った今〜

2014年5月にインドネシアジャカルタで会社を立ち上げ、2015年5月の今、設立からちょうど1年が経ちます。この1年のできごとをざっと振り返っていきます。 ■ "1年かかってしまった?" それとも "1年で出来た?"  事業を開始して1年が過ぎ、正直な感想は本当に早いスピードで時間が "経ってしまった" ということです。 毎月、毎週、毎日のレベルで、目指すべきものに対して今いる自分の立ち位置を確認し
Suzuki Takuya
18953
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書

書きかけのストーリー

中瀬 芳邦さんの書きかけのストーリーはありません

中瀬 芳邦さんにもっと聞きたい話リクエストする

|