STORYS.JP

畠山 友一

畠山 友一の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

畠山 友一の人生のストーリー

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

起業して1ヶ月が経ちました。 まだ1円も売り上げてない状況なので、起業や社長業について偉そうなことは全然言うつもりはないのですが、 自分なりに今までの12年半のサラリーマン人生との違いなんかを書き留めておこうと思います。 書いてたら全然まとまりのないものになったので、自分のための備忘録として書いておきます。何かのご縁で読んで頂く方もいるかもしれませんが、読み辛いところとかは無視してくださいませ。。。

「2年半前の退職時に書いた自分の言葉に背中を押された」前々職を退職した時に全社員に送ったメール

もう2年半前のことですが、 7年9ヶ月働いた会社を 卒業 (退職なのですが、そう呼んでいたので) したときのことです。 卒業の挨拶をなかなか全員にはできないので、全社にメールを送りました。 そのときのメール文が出てきたので、そのままこちらに貼付けます。 ※個人名だけ伏せて こうやって、 当時考えていたこと、当時の決意を改めて思い出すことができて良かったです。 STORYS.JPに書いておけば、こうや

士業の顧問サービスを月額2,980円でうけれるサービス「Bizer(バイザー)」を作った話

まず、起業しました 私は2013年10月に起業しました。 B2Bをやろう! お客さんのビジネスの基盤になれるような会社にしよう! そういう思いを込めて BizGround という社名にしました(社名は結構悩みましたが、みんなそうですかね)。 具体的なサービスの構想はなくて、ぼんやりとB2Bのバックオフィス支援をやりたいな、くらいのものでした。。。 自分で登記してみました 時間的に余裕があるし、 安く

起業してちょうど1年が経ちました

昨日で起業してちょうど1年が経ち、本日から2年目に突入しました。 起業して1ヶ月のところでstoryを書いてから、本当にあっという間でした。 http://storys.jp/story/5203 そして、この1ヶ月のstoryを改めて読んでみると、 まぁ今もそんなに変わってないかも。。。 しかし、1年ってやっぱりすごい時間なわけで、 その時間を考えると、今のBizer(https://bg-biz

読んでよかったストーリー

稲山 洋子
296
6

38歳中卒の女が一部上場企業にまで務めあげ不動産会社を開業決意するまでの話。

私は家を見る仕事。 不動産の仕事が大好きだ。 なぜなら、きのこが生えてた家で育ったからだと思う。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 小学一年生の入学式。 私は1人で入学式に出席した。 式が終わると、周りの子は、楽しそうに保護者と写真撮影をしている。 私は一人で帰宅しようとしたら、新しくできた友達のリカちゃんが不思議そうに言った。 『洋子ちゃん何で一人なの?』 私はこの質問は慣れっこだ。 淡々
須田 仁之
1544
11

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
神崎 晃
2288
22

【広島1】原爆ドームになったおばあちゃん。

むかし、太陽は、ふたつあった。 1945年8月6日の朝8時15分。 おばあちゃんの上に、太陽が落ちた。 おばあちゃんは『広島県産業奨励館』で働いていた。日本で初めてバームクーヘンを作った場所だ。 おばあちゃんはドイツ人とのハーフで、広島市にいたドイツ人たちとも会話ができた。 それで私のお母さんを育てながら、ずっと『広島県産業奨励館』で働いていた。 1945年の8月6日も、おばあちゃんはいつも通り出勤
Suzuki Takuya
18643
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
寳槻 泰伸
3251
109

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
寳槻 泰伸
17715
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
Shono Maho
4448
34

第5話 (後編)アフリカへ行く彼から学んだこと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

あの時人生で初めて感じた、あの衝動といっていいのか、衝撃なのか、 とにかくあの変な感覚は本物だったと思う。 彼らと出会った2010年の夏から、 私の人生が大きく変化し始めた。 (少し変わった 出会いのきっかけは こちら 。) その年の夏は、忘れられない夏になった。 ”夏”はものすごく短かった。 みんなとのあの出会いが7月の後半だったので、もう一日たりとも無駄にしまいと毎日を楽しみ尽くした。 次の約束
佐藤 裕介
893
19

「正しいこと」の凶暴性

「ちゃんとすること」の、悪い意味での強力さを、近頃よく感じています。 ちゃんとすることで組織は硬直化し、反骨精神のないつまらない企業に変容していくのです。 # このエントリを公開するキッカケになった当社 HR Manager のインタビュー記事:  http://compass.campus-web.jp/archive/538/ ◆ 体調不良になるインターン たとえば、当社の新卒採用向けインターン
笹嶋 政昭
158
2

9.11の時のこと

 9.11同時多発テロに出くわした時のこと。これを境に私の人生も変わり、アメリカの運命も変わった。  同時多発テロ発生前日、私は自分が経営に関わっていたアメリカ企業の仕事で、台湾政府関係者を連れて自分の会社の研究所のあるイーストハートフォードに。夜はボストンに移動し、ボストン郊外のブルックラインの中華料理店にて接待。何しろ大型案件第一号。同時にアジア統括本部を台湾もしくはシンガポールに設置という話の
福岡 ともたけ
1118
29

東大生が61万円で学んだ本物のお金の学び

つまらない大学から逃げ出した私が見つけた居場所は競馬場だった もう20年ほど前のお話。 当時、東大に通っていた私が 大学の勉強なんか完全にそっちのけで 時間の全てを捧げるくらいの勢いで どっぷりとはまっていた世界がありました。 それが、競馬です。 ただ、単純にギャンブルが好きというよりはむしろ 競馬という世界を構成する歴史、文化、物語などの世界観に すっかり魅せられてしまった、というのが正直なところ

書きかけのストーリー

畠山 友一さんにもっと聞きたい話リクエストする

|