STORYS.JP

AONO YUJI


http://airyman.blog.jp/

ストーリーをリクエストする

AONO YUJIの人生のストーリー

一度社会のレールからダイブしてフリーターになった僕が、大手広告会社に内定を貰えた理由。 (前篇)

これは海外留学経験もなく、学生時代に起業を試みたわけでも無い、 ごくごく平凡な家庭に育った、ごくごく普通の青年が、ちょっとだけ勇気を振り絞ったときの物語です。 ※画像はイメージです。 僕のことを、簡単に。 僕は、現在26歳。社会人4年目だ。 4年間の社会人歴のうち、最初の2年と3ヶ月で会社を2度辞め、社会のレールから飛び降り、フリーター生活を8カ月ほど過ごしてきた。 そんな僕が半年前、3度目の転職で

一度社会のレールからダイブしてフリーターになった僕が、大手広告会社に内定を貰えた理由。 (後編)

もしかすると何かを始めるときに、フリーターだとかニートだとか、学歴だとか今まで何をやってきたとか、そういったものって関係ないのかもしれません。 そういう、固有名詞が何かリミットというか、自分を縛ってしまって他の可能性に挑戦出来ないことがあるのではないか。そう思うときがあります。 だとしたら、誰かがつくった固有名詞とか限界に囚われず、やりたいこと、なりたい自分にトライするのが良いのかもしれません。偉そ

読んでよかったストーリー

坂元 由貴
283
15

アートを習うことが人を育てるという話

           高校時代、美術科だった。理由は、兄が通っていておもしろそうだったこと、普通科なんてまた同じ勉強のくりかえしでつまらないと思っていたこと、だった。 この頃から、普通のことや、繰り返しなにかをすることがあまり好きではなくて、新しいことに挑戦したいタイプだったと思う。 振り返ると中3で少々不登校になっていたので、成績が悪かった。普通科に入ることを選んでいたら、ヤンキーになり、人生は変
溝部 拓郎
1886
42

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話

爆速で成長していた、ベンチャー企業ピクシブ 面接の時の話はこちら=> ピクシブに入るときの話 そんな訳で、ピクシブでアルバイトとして働くこととなった私は、初出勤の日を迎えた。 (↑ピクシブのユニークなオフィス) ほぼ何も分からず始まった開発 プログラミングスキルはほぼ無く、やることも決まっていなかった私は、早速開発の統括をしていたCTOの青木さんからの指示を仰いだ。 私 青木さん、何をすれば良いです
金子 健太
1672
2

2500時間の就職活動をして手に入れた大手銀行の内定を辞退し、親不孝で買い物依存症の僕が起業した話

大手企業の内定をとることが人生の勝ち組だ と勘違いしていた大学時代の僕。 その勘違いに気づかず、 就職活動に2500時間を捧げた。 大手銀行の内定獲得後。 就職することに疑問を抱き、誰にも相談せずに内定を辞退。 そのことがきっかけで 「クズ野郎。親不孝な奴だ。」 と罵倒され、ほとんどの友達を失った。 学生生活が一変し、極度のストレスから買い物依存症になり半年で 300万円の借金 を背負うほどまでに生
Ken Zhao
548
16

ここが変だよ日本企業

全然おなじみではありませんが 日本語が通じないド田舎で生まれた猿が、気がついたら東京でニートになっていた話 を書いた中国人のkenと申します。 数カ月ぶりの更新のような気がするのですが、何事もなかったかのように、しれっと予め設定していたストーリーについて、更新します。 今回、本来のタイトルは「日本企業と中国企業の違い」というタイトルでしたが、どう考えても比べられるものではありませんでした。 なので、
菱沼 真
442
2

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

これは付き合って2年を迎えた毅と舞香のお話です。 毅が舞香の誕生日に合わせて企画した沖縄ツアー。その一部始終をまとめたものです。 ーーーーーーーーーー 2年前、腐れ縁だった友人の紹介で知り合った舞香。 早いもので彼女との付き合いは2年を超えた。 10月11日の彼女の22歳の誕生日。 毅は自分が持っているパフォーマンスをフルに使って、今までにないサプライズをしたいなと考えました。 題して、 「Surp
原田 正文
818
6

居酒屋のキャッチからグリーへ転職。わずか1年で年商50億の事業責任者になって思ったこと-転職編-

※前回までのストーリーはコチラ↓ --------- 居酒屋のキャッチからグリーへ転職。わずか1年で年商50億の事業責任者になって思ったこと-フリーター編- http://storys.jp/story/7318 --------- やっぱりオレ、だめだわ。就職することにしたよ。 独立を志したが、フリーター生活を余儀なくされ10ヶ月がたった。 2012年1月1日。 年越しも池袋の路上で過ごした。 周
原田 弾
750
4

無職だった僕がまとめブログを始めて年収2500万まで上り詰めた話

小さな広告営業の会社で一サラリーマンとして働いていただけの僕が、会社を辞めてから2ちゃんねるのまとめブログをはじめたことで現在年収2500万円を稼ぎ出すことができるようになった話です。 高校卒業、就職へ 2009年に福岡県の高校を卒業した僕はそのまま地元の社員80人ほどの広告営業を営む会社に就職していた。大学に行くより就職したほうがいいと意気込んで就職活動をしてみたものの偏差値50ほどの高校の高卒で
ヨシモト ユウタ
291
4

天国のおじいちゃんに向けて歌う認知症のおばあちゃんの話

訪問営業で出会った元気なおばあちゃん 僕は今年から訪問営業の仕事をしています。 元々、人見知りで臆病な性格なので訪問営業には抵抗があり、全く好きにはなれなかったのですが、今年の秋に出会った一人のおばあちゃんのおかげで訪問営業をやっていて良かったなと思えた僕にとって良い思い出の話です。 すっかり寒くなってきた11月の半ば、滋賀県の彦根市でいつも通りに地図を片手に一軒家の訪問営業をしていました。 在宅状
栗原 康行
833
3

アウトローの仕事

 僕はかつてアウトローで生きていた。  アウトローの暮らしは厳しい。が、刹那的には最高に楽しい。楽しいほうの写真がいくつか残っている。厳しいほうの写真は...あまり、いやぜんぜん残ってない。写真をとってる場合ではないからだ。新聞記事の切抜きとして残っているくらいだ。  僕がアウトローの世界に足を踏み入れたのはひょんなことからだった。夜の六本木には不良外人が多いのは皆さんご存知だと思う。こいつらは夜な
鈴木 嘉洋
174
2

「ルームシェアを始める上で大変だった3つの事」外国人もいて超大変!男4人のルームシェア

ルームシェアメイト ーーーーーーーーーーー otakuチャールズ: アニオタなアメリカ人。「お金貸して」が口癖のアル中。缶のゴミのピラミッドを作るのが好き。マジで掃除は世界の悪だと思っている。smileこーたと同居してた。 smileコータ: 笑顔で毒を沢山吐く。ブラック企業に勤めてる。言う事はブラックだし、勤務先もブラックだし、黒人だったら面白いなあと思う。なぜかお金がない。 マジでルールを作る

書きかけのストーリー

AONO YUJIさんの書きかけのストーリーはありません

AONO YUJIさんにもっと聞きたい話リクエストする

|