STORYS.JP

赤松 悠賀

Facebook始めました!
旧姓瀬留です。

ストーリーをリクエストする

赤松 悠賀の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Matsumoto Misaki
415
6

大学生の私が発達障害と診断される前とされてから

・*はじめに*・ 私は2年前に発達障害・自閉症スペクトラムと診断されました。 最近、発達障害者が増えていることから、”発達障害”という言葉を耳にしたり目にしたりするようになったと思います。 しかし、学生の発達障害者当事者のブログや体験談はあまり見かけません。学生・新社会人という一番悩む時期だからこそ、経験や体験談をリアルタイムで共有していくことの必要性を感じたこと、体験談やアドバイスを共有していくこ
辻林 秀一
617
5

『明日 死んでもらうために、今日1日だけ生きてもらう』 ~小さな命を抱きしめたお話~ 

「明日、死んでもらうために、  今日一日だけ生きてもらおう」 そう思って、 その3つの命を僕は胸に抱えました。 そう。 一日だけ。   明日“処分”してもらうために……   ちょうど2年前、我が家の納屋で、 野良猫が子ネコを出産してしまいました。   「おいおい……  めんどくさいことしてくれたな(- -;」   最初、見つけたときは、 本当に“お荷物”が降ってきた感じです。   ですので、即刻 保
坂内 秀洋
2446
3

〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

はじめに… このストーリーは、100%実話です。 適応障害、休職、婚約破棄を経て、うつ病に… そして、自分の限界を、自分の本当の気持ちを探しに 神奈川県から、新潟県の日本海までの一人歩き旅のお話です。 この旅で僕は、 「本当の自分」 を見付けることが出来ました。 「ありのままの自分」 を受け入れることが出来ました。 これが出来るようになった途端に、うつ病は劇的に改善しました。 それどころか、今が一番
坪井 雄弘
1970

発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第2回

死にたい、いや殺してください 嫁さんのココロの病気が最も悪いときは、 こんな言葉は我が家では日常茶飯事だった それが本当にマズいなと思ったときは、とあるこんな会話 じゃあ みんなで死のか、、、 ごめんなさい、そうしてください もうそれくらい我が家は追い込まれていた 育児がうまくいかないことで嫁さんは 生きることすべての自信 を失っていた そうしてようやく嫁さんの通院生活が始まった 病院にまで行かなく
坪井 雄弘
2162

発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話

虐待のニュース を聞く度にひとりの親として背筋がぞっとする。 でもその感覚は一般のひとのそれとはちょっと違う そのニュースに出ているのは自分でもおかしくない と思うからだ。 それくらい虐待の可能性、いや最悪「一家心中」していた ような状態にあったのが最近の我が家だった 幸いにもその最悪の時期は過ぎた そういえるのは今、我が家は二世帯生活 つまり嫁さんのお父さんとお母さんが一緒に 子育てをサポート し
宇野 成人
3101
19

人目を気にしたことが「1ミリ」もない僕が、人目を気にしないで生きていく方法を、人目を気にせず書いてみました。

「人目を気にしないで生きていく方法を教えて下さい」 これは、ホリエモンがニコニコ動画かなんかで投票型の質問を募集したときに、 そこそこ人気だった質問です。 へぇーこんな事みんな聞きたいんだ、しかもホリエモンに? って感じた事を覚えてるんですが、 確かに、彼は全く人の目なんか気にしないで生きてるように見えますよね。 僕もそうです。 昔からそうなんですが、 人にどう思われようと構わないというか、 別に嫌
中山 祐次郎
6491
43

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA
mamita .
1254
15

おっと三十路婚活女の悪口はそこまでだ【婚活女と童貞との共通点を考える】

ネット上(主観として2ちゃんねるのVIP板)において、長年敵対関係とされてきた妙齢婚活女と童貞の相互関係を見直さなければいけないと感じる。我々は分かり合えるのではないか。その根拠となる共通点を箇条書きにする。 三十路婚活女と童貞との共通点まとめ 「なんで童貞なん?」→「できるもんならしてます」 「なんで結婚しないの?」→「できるもんならしてます」 「女の理想が高すぎるんじゃないの?」→「そんなことな
小野澤 篤人
99

人口380万人のバリ島で一人の少女を捜した奇跡的な物語~1枚の写真の力-2

前回の続きです。 誘われるままに中に入った。 石貼りの美しい床に、茶色の大きなソファ、そこに数人の家族と共に、 テレビを見ている女の子が座っていた。 私は半信半疑のまま彼女に近づき、写真を見せながら、 想像していた姿と目の前にいる少女の姿を自然に見比べていた。 少しふくよかになってはいるが、確かにあの写真の少女だと思える顔が そこにあった。 私の喜びとは別に、彼女は急に入ってきた外国人に、 不安と戸
小野澤 篤人
144

人口380万人のバリ島で一人の少女を捜した奇跡的な物語~1枚の写真の力

誰にでも人生を変えるような衝撃的な旅のひとつやふたつはあるだろう。 3回目のバリ島旅行の最終日は、私にとって生涯忘れられない日となった。 その日の午後、私は一緒に旅行に来た友人達にわがままを言って、 4年前に偶然出会った美しい少女に、もう一度会えたらとサヌールビーチへ向かっていた。 それは前回のやはりのバリ旅行の最終日、浜を散歩している時に 弟らしき少年と一緒に遊びに来ていた少女に目が止まり、 あま

書きかけのストーリー

赤松 悠賀さんにもっと聞きたい話リクエストする

|