STORYS.JP

加賀谷 侑花

加賀谷 侑花の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

加賀谷 侑花の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

鈴木 崇弘
148
1

第一志望企業を辞退した就職活動。本当に大切にしたいことに気付いて決断をした時の話

家庭が全宇宙。マレーシアでの光景。 僕は物心ついた時からマレーシア・クアラルンプールで暮らしていた。 家業の都合でマレーシアに2歳から10歳まで住んでいた。 最初の記憶はマレーシアで迎えた3歳の誕生日。 「さんさい!」と言って3本指を立ててはしゃぎ、左手を父が、右手を母が持ってブランコのように揺すられていたのを覚えている。 そのころのマレーシアは、さまざまなものが整っていなかった。断水、停電、物品の
ripi i
146
5

どん底からの再出発〜笑う門には幸来たる♡〜

幸せがずっと続くと思ってた。あの日が来るまでは。 3年前、私は結婚した。 周りから祝福され、幸せな日々。 どこへ行くにも一緒の仲良し夫婦。毎日が楽しかった。 昨年、旦那の職場の移転に伴い、引っ越しをすることになった。 そう。これが人生最悪な日の始まりになろうとは。 ワクワクドキドキな新生活がスタート。以前よりも旦那の帰宅が早くて嬉しい。 はずなのに。 〜引っ越しから1ヶ月〜 優しい旦那に甘えすぎる私
福永 眞子
187

母を憎み子供の頃から自殺未遂を繰り返す鬱病の私が赦しの機会を得、一生モノと思った鬱病を克服。母を愛し尊敬できるようになるまでの話

もしあなたの中に誰かを憎む心があるなら 多分に一生本物の幸せを得ることは無理かもしれない そう思ったりします。 これは半世紀近く母親を憎み続けて 孤独感の中で生きてきた私が 奇跡的に幸福感に満たされる人生を取り戻した話です。 目次: 自殺を繰り返した子供時代 突然に起こった赦し まずは私の一歩から 幸せは猫が運んできてくれた 一生に一度の手紙 不幸は一生続くわけではない 自殺を繰り返した子供時代 2
MI KU
179
2

メンタルコントロールによって12kg痩せた記録 【part1】

女友達に体型維持に関して質問されたので、10年間に渡る、自分のダイエット史を振り返ってみた。 私は元々太りやすい体質で、12歳のころから22歳まで毎日体重に関して思い悩み、朝夕欠かさず2回必ず体重計に乗っては100g単位で一喜一憂する日々を送っていた。   特に顔とお腹に肉が付きやすい体質のため、0.5kgでも太ると、目立ってしまうからタチが悪い。意志力が抜群に弱い上に、欲望に忠実な私はどんなダイエ
宇野 成人
4066
19

人目を気にしたことが「1ミリ」もない僕が、人目を気にしないで生きていく方法を、人目を気にせず書いてみました。

「人目を気にしないで生きていく方法を教えて下さい」 これは、ホリエモンがニコニコ動画かなんかで投票型の質問を募集したときに、 そこそこ人気だった質問です。 へぇーこんな事みんな聞きたいんだ、しかもホリエモンに? って感じた事を覚えてるんですが、 確かに、彼は全く人の目なんか気にしないで生きてるように見えますよね。 僕もそうです。 昔からそうなんですが、 人にどう思われようと構わないというか、 別に嫌
沢城 アリサ
284
2

76歳の父が18歳の娘に語った、生き甲斐、人生。

高校3年生になって進路に悩んでいた。どうしても芸術系の大学に行きたかったのだが、母が失業した。それからというもの働かずにずっと家にいる。よって高校の学費、大学の学費全てを自分で賄うこととなった。芸術系の大学は学費がとても高く、年間200万も払って進学しよう。とは到底思えなかった。何も勉強は大学でしなくてもいい。でもそんなことを言えばそもそも大学へ行く必要なんてあるのか? いろいろな思いが交錯していた
吉田 真也
98

今の自分は教育会社の代表取締役、大学で講師も。高校時代はまわりは東大や医学部、脳みそまで筋肉で体育受験そして2浪。【後編】

予備校の先生に憧れ、塾講師に! さて、お待たせしました。後編です。 私の人生を変えてくれた代ゼミの化学の先生。 本当に素晴らしい授業でした。ホンモノの化学でした。 『大学受験なんてかんけーねー!!!』という授業。 生の授業ではなく、代ゼミ本校の授業を福岡校で映像で見るという授業でしたが、 それでも、毎回毎回、一番前の席を取るべく、朝早くに並んだものです。 おそらく、いわゆる、ただの授業で一番前の席か
西條 智之
338

GPA2.3の地方出身大学生を、外資系投資銀行内定まで支えたメール

3年前に出会った地方出身の大学生への就活支援で、Facebookで交わした3200通のメッセージの記録です。 3年前、皇居勤労奉仕のボランティアで、私はU君と出会いました。友人が彼を誘って、ボランティアに参加していました。私は、久しぶりに大学生と出会ったのです。 「近頃の大学生は、勉強しているんだろうなあ・・・」 ふたりとも、難関国立大学の法学部の2年生でした。一浪の末、目指していた東大を諦め、志望
天野 功一
35
2

私は「一歩先行く先輩起業家」

【天野功一は、「一歩先行く先輩起業家」です。】 私はサラリーマンを30年くらいやってました。 学校を出て、九州、名古屋、東京、群馬、東京、大阪、そして最後は、東京。 いろんなことがありましたが、サラリーマンを続けました。 主な仕事は営業でした。契約獲得能力は高かったです。異常と言われていました。 でも、いろんなことが積もってきて、だんだんと自分が埋もれてしまう感覚に悩まされました。 食うには困らない
Suzuki Nana
90

【蘇った愛♡私の孫はアメリカ人】〜命の数だけある命の迎え方・日本人バアバが見たアメリカ出産事情〜20万分の1の奇跡の物語☆

        ついに生まれた!                   君はなんて勇敢な魂なんだろう。 家族になれるかどうか、わからないような状況の中でやってきた。 http://storys.jp/story/14414  君の命がママの運命を、そして君のパパの運命も変えた。 こんなに小さな命が、こんなにも大きな力を持っている。 それを君は教えてくれた。 君は全然、日本人っぽくない=私の孫っぽくない

書きかけのストーリー

加賀谷 侑花さんの書きかけのストーリーはありません

加賀谷 侑花さんにもっと聞きたい話リクエストする

|