STORYS.JP

松島 由佳

松島 由佳の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

松島 由佳の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

ヨシモト ユウタ
469
4

8年間のバンド生活を辞めた今でもメッセージを届けたい理由

僕は高校3年の時、進路に悩んでいました。 昔から憧れていた" お笑い芸人 "になる為に芸人養成所に入るか、食べる事が好きで知らない間に得意になった料理を極める為に" 調理師 "の学校に行くのか、はたまた小学校の時から諦めきれない夢の" 漫画家 "になる為にデザインの学校に行くのか。 勉強が嫌いな僕にとって大学という選択肢だけはありませんでした。 悩んでいる内に願書の提出の日になり、親には全く相談も報
アルバート 伊藤
114
2

上海生活、乞食の老人と僕との変な話 -後編-

社会人二年生。繰り返される給料と消費の狭間で「将来」に関して不安を抱きながらも何も考えられずにいる自分。気が付けばまた遊びに出かけるのです。やがて同じ世代の仲間はほとんど帰国。年下仲間はまだ学生でクラブや夜遊びで忙しい。仲の良い女友達との他愛の無い不幸自慢をしあっては飲み過ぎで帰る道に聞こえるあの音。 「カンカンカンカンカンカン」 万博だのなんだの盛り上がり変わり続ける上海の夜空。何故かこの乞食の老
Saitou Shouko
1126
1

主婦がいきなりラーメン店を開業する話 それも内装から新商品まで手作りで その3

発達障害とその親の話 子供が発達障害として、その親が一番悩むのはなんでしょうねえ。 まず、子供が小さい時には「親のしつけが悪いからああいう子供になる」という周囲の視線を痛いほど浴びます。 でも、親にとって毎日見ている子供は明らかに周囲の子供とは違ってて。 一体どうすれば"大人から見て良い子"が育つんだろうと、それはそれは悩みます。 叱ったりスカしたり、今までの人生で蓄積したわずかな経験を動員して悩み
相宮 康人
63
2

死んだら人生ホントに終わりなの!?フィリピン人の葬儀に立ち会い感じた日本人とは全く異なる死生観について

イロイロ市内を観光中、人が死んだ後の世界について考えるキッカケとなる不思議な体験をしたので紹介します。 ◎ 「死んだら終わり」なのだろうか。 教会を巡っている途中で、小さな別館の建物の中に入りました。 中には数人のフィリピン人がいて、部屋の奥正面に四角く長細い物がありました。 「なんだろう?」 と思って近づいてみて見ると、白い衣装を着たおばあさんが眠っていました。 しまった! 吹き出る冷や汗を感じる
イサカ アツコ
122
2

【涙の最終話】 職人パパが、娘と難関私立小受験に挑戦した話

一次試験の発表があり、 3日後に親子面接本番。 泣いても、笑っても、これが最後。 前日の、幼児教室の面接模擬特訓では、 パパは、「まだまだのデキ」だけど、良いところもあると、 自信をもたせていただき、 娘は、「ほぼ完璧な仕上がり」と太鼓判をいただき、 わたしは、「早口すぎる、しゃべり過ぎるのは、よくない」と注意を受けて帰宅。 親たちが足をひっぱらないように、 まさに、そんな状況。 面接で大事なのは、

書きかけのストーリー

松島 由佳さんの書きかけのストーリーはありません

松島 由佳さんにもっと聞きたい話リクエストする

|