STORYS.JP

Morikawa Yuki

LaurneaLilyの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Morikawa Yukiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Yamada Risako
1450
20

偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

=================================== 「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」 家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る 「私がスーパー馬鹿だった時の話」 =================================== ◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D 」◆ それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母
中村 珍晴
1865
7

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート5

振り返ってみると、僕が生きたこれまでの26年間は 「人との出会い」 に恵まれた人生でした。 青春時代、ともに汗を流した中学・高校の野球部の仲間は今でも深い繋がりがあり、また節目節目では恩師と呼べる方々に出会い 「人の歩むべき道」 を諭していただきました。 そして、何より家族は僕の誇りです。 両親、兄弟だけでなく、心から尊敬する両家の祖父母をはじめ親戚一同に支えてもらい、今日まで道を大きく踏み外すこと
円山 嚆矢
1027
12

【リメーク紙書籍化決定】『早稲田出ててもバカはバカ』試し読み(商品無料サンプル)

2014年8月に投稿し反響を頂きました拙著が2015年4月に電子書籍されamazon(kindle)のノンフィクション部門で2位を獲得することができました。 お陰様でその後複数の出版社からオファーを頂きこの度、2015年9月30日に「ぴあ」さんより紙書籍として出版する運びとなりました。 電子書籍の内容は大幅に書き直したリメーク版となります。 少しでも多くの方に読んで頂きたく、こちらにサンプルをUPさ
Yamauchi Nobutaka
964

天国へ旅立っていった馬鹿な友人へ7

 死神は天使の笑みと甘美な声でやってくる。 前回までのあらすじ Bの葬儀を済ませた俺 これでBも安心して逝ける そう感じて B家を後にしようとする俺 その刹那 最悪なシナリオを描く確信めいた予感に振り向く俺 Bおかんに7年前のあいつと同じものを俺は見ていた あらすじここまで B家、玄関先 俺は靴を履きながらB家の家人の見送りを受けた。 B家の家人に背を向け 帰る瞬間 それは突然やってきた。 (うごぁ
中村 珍晴
2261
5

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート4

これまで歩んできた四半世紀の人生を振り返ってみて、僕は、「強さ」の本当の意味を勘違いしてたと思います。 昔から、自分の弱い姿を見せることが苦手で、辛いことがあってもいつも強がっていました。 中学、高校生のときは友達にも自分の悩みをほとんど相談することなく、しんどくても「しんどくない!」と振舞い、周りから期待される 「中村珍晴」 を必死に演じてたように思います。 そして周囲から褒められることで安心して
中村 珍晴
1836
12

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート3

「いつまで意識はありましたか?」 あの日の話をするとこの質問をよくされます。 不思議なことにフィールドで倒れた直後から手術室で麻酔薬が入るまで、意識は、はっきりとありました。ストレッチャーで横になっているとき、側にいてくれた看護師さんが女優の戸田恵梨香にそっくりだったこともよく覚えています。 以前は意識を失ってた方が頭痛もなく楽だったかなと思うときもありましたが、執筆する立場になって事故当日の一部始
成瀬 望
968
30

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

旅、前日 なんでもない日常のなんでもないある日。 寝る前、明日の朝に旅立つことを決めた。 高校2年生の梅雨の季節。 明日、突然いなくなる。 親も先生も友達もクラスメートも誰も、ぼくが旅に出た理由はぜったいにわからない。 前後の脈絡なしに突然、失踪したようにしか見えないだろう。 それがいい。 ぼく自身、何のために、どこに行くか何も決めていない。 つまり、明日からぼくがどうなるか、本当に誰も知らない。
Suzuki Takuya
19061
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
寳槻 泰伸
17900
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自

書きかけのストーリー

Morikawa Yukiさんの書きかけのストーリーはありません

Morikawa Yukiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|