STORYS.JP

森木田 祐樹

森木田 祐樹の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

森木田 祐樹の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Suzuki Takuya
655
10

真面目になったとたん成績が伸びなくなった時の話。勉強は長距離走と短距離走。

中学の時に覚えた「だるい」って言葉。 小学校まで真面目だったのに親との関係が悪くなって居場所を求めて気づいたらヤンキー社会の中にいた。周りの仲間はいつも口癖のように「だりー」とか言っていて自分も頻繁に「だりーなー」って口に出すようになっていた。ぐだぐだ外でたむろすることがなぜか楽しく夜遅くまでコンビニの前とかたまり場にいて昼過ぎまで家で寝ているような中学生活だった。だるいことは最小限やらないようにす
西勝 ユズル
185
3

25歳、社会人3年目の僕が、やりたいことがわからないリケジョ大学院生と出会い、彼女が◯◯になって最後に意中の人と結婚した話(後編)

前回の続きはこちらです。 25歳、社会人3年目の僕が、やりたいことがわからないリケジョ大学院生と出会い、彼女が◯◯になって最後に意中の人と結婚した話(前編) 「やりたいこと=できなかったこと」? 大学院2年生となった彼女。 そこから彼女は、教育系のベンチャー企業へのインターンと研究の往復に明け暮れていた。 リケジョがどうして、文系の教育系に?という感じで僕は見ていた。おそらくこれを見ているあなたも、
西勝 ユズル
722
4

25歳、社会人3年目の僕が、やりたいことがわからないリケジョ大学院生と出会い、彼女が◯◯になって最後に意中の人と結婚をした話。(前編)

かっちゃん、私、とうとう結婚だよ! たった3年、でも大親友になった彼女と僕のストーリー はじめまして!心のコトを仕事にしています、西勝ユズルと申します。 このストーリーは、僕がうつを治した直後に、大学院生の理系女子=リケジョと出会い、未熟だった自分が二人三脚で、俯きがちな彼女の人生を応援し、内面から行動の変化を一緒にチャレンジしたストーリーです。 いわゆる“彼女”じゃないけど、誰よりもその人のコトを
西勝 ユズル
1461
10

24歳、社会人2年目の僕が心が折れそうになった時に、3億円企業の起業家先輩からの「仕事は○○のために行くんだ」という言葉で「仕事をしよう」とスタートラインに立った話

仕事はな、○○のために行くんだよ。 あなたは、何のために仕事をしていますか? はじめまして!心のコトを仕事をにしている西勝ユズルと申します。 これは、僕が社会人2年目に、仕事にも人生にも疲れてしまい、心が折れてしまった時、3億円企業の起業家先輩からの一言で仕事への気力を再度もらった、ストーリーです。 この先輩を本当に僕は尊敬していて、その方とのお話を共有したくて書きました。 あなたは、何のために仕事
西勝 ユズル
1551
27

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

そっか、あなたは○○をしたかったんだね。 この出会いがなければ、僕は死んでいたかもしれない。 はじめまして!心の事をお仕事にしながら、旅を続けるライフスタイルをしている西勝ユズルと申します。 タイトルのとおり、僕は社会人1年目の時に“うつ状態”となりました。そして、半年で完治をするという経験をしていくのですが、その時に家族や友人など、様々な方から、涙のでるような言葉を何度も頂き、僕はスピード良く社会
原田 弾
735
4

無職だった僕がまとめブログを始めて年収2500万まで上り詰めた話

小さな広告営業の会社で一サラリーマンとして働いていただけの僕が、会社を辞めてから2ちゃんねるのまとめブログをはじめたことで現在年収2500万円を稼ぎ出すことができるようになった話です。 高校卒業、就職へ 2009年に福岡県の高校を卒業した僕はそのまま地元の社員80人ほどの広告営業を営む会社に就職していた。大学に行くより就職したほうがいいと意気込んで就職活動をしてみたものの偏差値50ほどの高校の高卒で
宮下 甲子郎
3598
20

学歴フィルターを無視してFラン大学の学生に内定を出した話

「うちはマーチ以上しかとらん!」 人事室室長が顔を真っ赤にして罵声を浴びせてきました。 営業を数年経験した後に、人事部に配属になった私は、はじめこそ上のやり方に従って採用活動をしていたものの、次第に会社のやり方は間違っているのではと疑問を持つようになっていました。 いつも人を見下したような態度をとる東大出の人事部室長は、学歴差別主義者で「学歴と仕事の出来は比例しとる」という考えの持ち主でした。大阪出
小森 雅
4759
9

就活失敗して内定がもらえなかったからMBAにいったらスゴイことになった話

プロフィール 小森雅(こもりみやび)。1988年生まれで神奈川県出身。日本大学、商学部卒。大学3年から4年にかけて就活をするも全滅し、逃げ道として一橋大学大学院のMBAに進む。そこで大量の情報をインプットし、毎日優秀な人と議論し、課題をこなすことで実力を身につけ、2度目の就活では一流企業から複数内定を獲得することに成功。 はじめての就職活動 志望動機なんかねーよ 大学3年、後期の授業が始まり、10月
間部 理仁
3090
57

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
Miura Kazuyuki
1031
33

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

Kazuyuki Miuraです。 こんな僕のしょうもない文章を読みにきてくれてほんとすいません。 ありがとうございます。 ・プロローグ このストーリーは英会話なんて簡単で誰でもほんとに出来るって事を書きたくて始めました。英語に興味がある方や留学してみたい人、仕事で英語が必要となった方の参考になればと思っています。 今では幼いお子さん(幼児)でも簡単に英会話に触れる事ができる環境が以前に比べてベター

書きかけのストーリー

森木田 祐樹さんの書きかけのストーリーはありません

森木田 祐樹さんにもっと聞きたい話リクエストする

|