STORYS.JP

Simizu Yukiko

Simizu Yukikoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Simizu Yukikoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

沼澤 遵
571

新卒に捧ぐ。働き始めて8年目の中堅社員が先輩に言われて背中を押された5つの言葉

新社会人のみなさん、入社おめでとうございます。はじめまして。僕は今年8年目の所謂中堅社員です。 社会人になって1ヶ月目。希望に溢れてる方、イメージしていた姿と入社後のギャップに絶望してる方も日々お疲れさまです。今回は、そんな皆さんの背中を少しでも押せればと思い、この8年で先輩たちに頂いた言葉をまとめてみました。 拙い文章ですが、少しでも次の日を頑張るきっかけになれば嬉しく思います。 1.「お前が仕事
馬場 猪木
1147
4

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 10

彼の目には、日増しに殺意が宿っていった(2)|関取くんの優しさに涙を堪えた日。 気弱な関取が自分の元にやってきて、数ヶ月の二人三脚により再生させた。 それから2週間後くらいだっただろうか。再びシコを踏み始めた関取の処刑を命じられたのは。 ■処刑リストのトップに名前のあった関取くん 関取くんとの祝勝会を終えた2週間後。わたしは、件の『自己都合を強要するリストラ』を命じられた。自分の部下を数十名、退職に
吉田 真也
38

ブラック企業は誰が作っているのか?〜消費者心理と労働者心理〜3

消費者心理と労働者心理。そして、ここに日本の歴史と文化が加わり、 ブラック企業ができあがります。 さて、日本は、生産性が悪すぎる。 日本人は働きすぎる。 外国人 サービス残業なんてしんじられへーーーん! こんな感じだと思います。 日本は、、、、、日本は、、、、とネガティブなことが多いですが。 日本に来た外国人の誰もが思い、 海外に行っていた日本人が日本に戻って来て絶対思うこと。 『日本のサービスは、
香取 正博
395
2

中卒・元自営業が6000人規模の上場企業で働いてみて思ったこと~顔のない上司~

憧れのビジネスパーソン 私は中学生の頃、 サラリーマン なんかぜってーなりたくねぇとなぜかすでに決心していた。 七三分けでスーツを着て満員電車に揺られながら、毎日同じことの繰り返しをするのが嫌だったという単純なイメージでそう決めていた。 しかし6年ほど自営業として働いているうちに、 いつの日かスーツを着た大企業のビジネスパーソンに憧れるようになった。 髪型もスッキリさせ、細身のスーツをビシッときめ、

書きかけのストーリー

Simizu Yukikoさんの書きかけのストーリーはありません

Simizu Yukikoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|