STORYS.JP

池田 幸代

池田 幸代の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

池田 幸代の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

佐藤 政樹
18737
120

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんのわずかな違い~生き残る人・消える人~11のポイント 「劇団四季に入るためにはどうしたらいいですか?」 この質問、僕のところにネット経由で頻繁に来る。 この二年位は、劇団四季のステージを夢見る若者たちのためになれればと丁寧に返信していたのだが ・有益な情報をもらうことしか考えていない ・あまりにも意識が低い ・まったく行動しない という人が多すぎて
只石 昌幸
1341
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
間部 理仁
3042
57

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
成瀬 望
896
30

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

旅、前日 なんでもない日常のなんでもないある日。 寝る前、明日の朝に旅立つことを決めた。 高校2年生の梅雨の季節。 明日、突然いなくなる。 親も先生も友達もクラスメートも誰も、ぼくが旅に出た理由はぜったいにわからない。 前後の脈絡なしに突然、失踪したようにしか見えないだろう。 それがいい。 ぼく自身、何のために、どこに行くか何も決めていない。 つまり、明日からぼくがどうなるか、本当に誰も知らない。
和佐 大輔
595
19

■「う○こ」が「みそ」に変わった、とんでもない話(下品なタイトルですいません)

キリストは水をワインに、石をパンに変えることが出来たそうですが、流石に「う○こ」を「みそ」に変えたことはありません。 想像してみてください。 もしも、「みそ」の代わりに「う○こ」を使ったとしたら? う○こ汁 ク○煮込みうどん サバのク○煮 合わせう○こ etc... 「カレー味のう○こ」と「う○こ味のカレー」どっちを食べる? という、究極の二択よりも遥かにおぞましいものが思い浮かぶと思います。 汚い
砂糖 充
203

【小5】で【性的イタズラ】を受けた僕が人を愛せるようになるまでの話。

10歳で、夏だった。 初めてのセックスは、 「気持ちがいい」とか「ドキドキする」とか、 そういう感情は一切無かった。 自分が何をしているのか、 それさえ理解できなかった。 覚えているのは、 クーラーの温度が19度だったこと。 冷たいシーツの感触。 安っぽいベッドマットのベアリングの反発感。 ガチャガチャしたTVの音。 棚に積まれたエロ本。 饐えた汗の匂い。 生暖かい、体温。首筋にかかる息。 もう、そ
中山 祐次郎
6635
43

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA
中村 麻美
583

【12】痛みと温度が同居した日 ~やわらかな時間と沈黙~

風邪をひいていた猫は1週間の入院で すっかり元気になって 帰ったその夜は いつものように わたしの寝るベッドの中へもぐりこんできた。 猫の肉球はとても やわらかくて 心地よい。 元気になった猫を眺めながら それに触れていたら いつの間にか一緒に寝てしまったようだった。 その夜 夢を見た。 こころがザワつくのは 気のせい そう言い聞かせて クリスマスの街をあるいた。 正確には仕事の帰り道。 街は おも
中村 麻美
668

【10】痛みと温度が同居した日 ~大人に恋をした~

十代はたくさんの恋をするモノなのかもしれない。 ときめくことはいっぱいあったけれど  わたしの恋は小学校から高校まで ひとりの人に片思いでした。 ソノ恋こころは 17歳の夏 3度目の告白し失恋したのを最後に 静かに 明け方の月夜に封印をしました。  その月はなんども滲みそうになったけれど わたしは 辛い時ほど 笑ってしまうようで やっぱり その日も 笑った。                     
中村 麻美
710

【8】痛みと温度が同居した日 ~本当の孤独は現場をはなれた後にやってきた~

クランクインからクランクアップまで 向けられたカメラが捉えたのは 素のわたしだったのか それとも演じた静子という少女だったのか わからない。 わたしはセリフを棒読みだったし  演じることが何なのかよく分かっていなかった。 でも それでも監督が最後の最後までわたしに言ったのは キモチだった。 芝居はしなくていいし 棒読みでもいいから 静子のキモチだけを感じてくれたら それでいい、と。 それだけは守ろう

書きかけのストーリー

池田 幸代さんの書きかけのストーリーはありません

池田 幸代さんにもっと聞きたい話リクエストする

|