STORYS.JP

April Yuko

10歳で英語と出会う。
英語を学ぶことで広がっていく世界観にはまり、14歳で初渡米。
以来、3回のアメリカ・カナダへの短期留学を高校時代に経験し、某国立の外国語大学へ進学。
在学中は、アルバイトをしては格安航空券であちらこちらへ旅行する学生生活を送る。
初就職は、日本語教師としてSingaporeへ。(3年間滞在)
帰国後、民間の日本語学校勤務を経て、大手旅行会社のイベント部門で国際会議の企画・運営に携わる。(海外でのイベント開催も経験)

これだけグローバル化の進む中で、まだまだ臆することなく世界に出て行ける日本人は少数派。
英語に日々触れて、身につけていくことでぐっと世界は近づくこと、人生が彩りを増すことをお伝え出来たらと思っております。

日本の素敵な女性達を応援したい。
日々多忙で英会話スクールに通う時間のない、会社員の方、子育て中の方一緒に少し世界の扉を開けてみませんか?
お友達申請、大歓迎です。
よろしくお願いいたします☆

ストーリーをリクエストする

April Yukoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寿典 田中
637

今すぐにでも出来る41個の“親孝行”のご提案

《はじめに・・・》 親の誕生日、   自分の誕生日、   学校の卒業、   成人式、   社会人デビュー、   初任給を貰った時… 数々の親孝行をするチャンスがあったと思いますが皆さんはやってきたでしょうか? 私自身がある日、 「親孝行しなきゃな…」 とふと思いつき、実行しようと思いましたが 「そういえば親孝行ってなにをすればいいんだ?」と思い、 「親孝行」でネット検索すると、   「たまに連絡をす
大島 享
324
24

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

「おぎゃーおぎゃー」 2012年9月某日、待望の長女が誕生 この女の子は 「1億円」 を持って生まれてきた。 そう僕や、僕の仲間から言われている。今回は、 そんな 「奇跡の女の子」 の話をしようと思う。 赤ちゃんが、1億円持って生まれてくる、わけないだろ?? あなたが、そう思ったのであれば、 最後まで、このストーリーを読んでみてください。 そして、 奇跡 のような、 真実 に触れてみてください。 プ
神谷 純平
1151
18

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

大学を辞めたらこうなりました。 このストーリーはわたしの大切な仲間、勇太さんの壮絶な生涯をJUMPEIが代わりに書き残したものです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第1話 寿司屋のバイトが○○で2500万円稼いだ話 勇太 スーツを着るのが嫌だ!サッカーで食ってく。 そんなことを思ったのが中学2年、サッカー少年の時だった。 しかし、飽き症だったわたしは、サッカーに集中することが出来ず サ

書きかけのストーリー

April Yukoさんの書きかけのストーリーはありません

April Yukoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|