STORYS.JP

Hibino Yuko

Hibino Yukoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Hibino Yukoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Tanaka Junichi
263
6

2←ドイツで日本人1人(オレ)とドイツ人16人と麻雀合宿してきた話。

2回目。日本人ひとり(オレ)がドイツ人16人とドイツで麻雀合宿してきた話。 前回書き終わった後に読み返してみたら意味不明な文章とかあったり、 というかそもそも 『ドイツで日本人1人(オレ)とドイツ人16人と麻雀合宿してきた話。』っていうタイトルの日本語おかしいよね。。 って気付いたんですが、 まぁいいよね、と思っています。 そんなわけで続きです。 相変わらず このストーリーの結論は「楽しかった」 で
Chang Daniel
638
28

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(台湾編)

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it2.html (これは 前篇 の続き) 基隆は台北の東に位置している、15年立っても殆ど変わらない寂れた港町。一年中雨が降るため、「雨の港」とも呼ばれている基隆は僕が生まれた街であり、日本へ行く前の13年間過ごした場所でもある。基隆の近くにある九份という街があるが、「魔
Chang Daniel
1390
59

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it.html 思い返せば、過去の経験は何一つ無駄になっていないと感じる。 それは自分が凄いことをやってきたわけでも何もない。10歳からゲームにはまり、三箇所の中学へ行き、2つの中学校卒業証明書を持ち、16歳で高校中退というよく判らないが、基本的に社会のはみ出し者という十代
平松 育子
3584

偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話 第14回

入院 + 4浪生活 不安だらけ。。。。 ダンボール箱1杯分の問題集と参考書を持って、入院しました。 何が不安か。。。。全部。 いつ退院できるのか?受験はどうなるのか?これから先は???? 何もかも、先が見えなかったのです。 検査が進むにつれ、自分のぼろぼろさ加減がはっきりしてきました。 ・脳下垂体萎縮 ・肝不全 ・その他もろもろ。。。。。。 それでも、受験勉強は続けました。 そうするしか、不安を何と
井上 祐巳梨
1632
12

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして
阪口 ユウキ
5052
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝
阪口 ユウキ
40773
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
Kato Yuki
4751
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
菱沼 真
15263
31

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を

書きかけのストーリー

Hibino Yukoさんの書きかけのストーリーはありません

Hibino Yukoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|