STORYS.JP

Sekine Yumika

Sekine Yumikaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Sekine Yumikaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

古里 理沙
126
1

我が子を抱くまで14年。 -最後に-

今現在、そして思うこと。 2015年10月現在、私は38歳 息子は元気に1歳2ヶ月です。 早産児なので成長も発達も遅く、身長は70cm弱 体重は10kg弱(体重は標準です)、やっと歩き出すかな?といったところです。 改めて振り返っても私の人生において妊娠・出産は本当に大きな壁でした。 最初に妊娠した23歳から出産する37歳まで実に14年という月日が経ってしまったんです。 こんな言い方は良くないかもし
Mami Yamazaki
828
55

「思考の現実化」を身をもって体験した話

1。開き直ってみよう! わたし 好きなことしかしない!! 好きな人としか付き合わない!! ずっと旅が好きだったわたしは、正社員という安定を捨てて、 常に派遣とバイトというダブルワークに勤しんでいた。   しかし30歳をすぎたあたりから、 私はいつまでこんな不安定な生活を続けられるのか? という不安が常につきまとった。 家族の”不良債権”感がどうしても抜けない。 ひとつ下の弟は立派に家庭を持ち、両親と
Okuma Nozomi
231
2

今の自分はやりたい事に向かって邁進する自分史上最高の私。高校時代はコンプレックスの固まりだった。

オーストラリアで過ごした高校時代 オーストラリアで過ごした高校時代 高校時代の私は、取り柄がありというわけでもない、どちらかと言えば部屋でゲームしてひきこもっている事の多いパッとしない高校生でした。 私はオーストラリアの田舎、アドレードという小さな町で高校時代を過ごしました。こう書くと、高校の時から海外志向であったかのように思われますが、実際は親の仕事の関係で文句を言う事も許されず、半ば強引に連れて
Okuma Nozomi
878
13

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼
遠藤 譲
2756
2

アウトドア初心者が、アフリカで中古車を買ってテントを張りながら100日間旅をしてみた話<3>「初日に失くしたもの」

旅の初日に失った(きっと)大事なもの いよいよ旅立ちの朝。 それまで住んでいた部屋のイタリア人大家さんがボクたちの旅立ちを見送ってくれた。 ボクと入れ替わりで住むことが決まっていた新しい居住者も、生活用品が詰まった段ボール箱の横で鍋を片手にボクがさっさと部屋を明け渡すのを待っていた。 二人に見守られながら車のイグニッションキーをゆっくりと回すとドアをカタカタと揺らしながらエンジンが掛り、サイドミラー
溝部 拓郎
1861
42

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話

爆速で成長していた、ベンチャー企業ピクシブ 面接の時の話はこちら=> ピクシブに入るときの話 そんな訳で、ピクシブでアルバイトとして働くこととなった私は、初出勤の日を迎えた。 (↑ピクシブのユニークなオフィス) ほぼ何も分からず始まった開発 プログラミングスキルはほぼ無く、やることも決まっていなかった私は、早速開発の統括をしていたCTOの青木さんからの指示を仰いだ。 私 青木さん、何をすれば良いです
Yoshimura Naoya
217
6

18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(後編)

駅のホームの立ち食いうどん屋さんで、注文してないのに出てきたおでんは、いままで食べたおでんの中で一番、美味しいおでんだった。  あのあばちゃんに会ってからも、僕はなんだかパッとしない気持ちの沈んだ日々を送っていた。  なんでこうなったんだろう。覚悟したのにストイックを貫くと決めたのに、そうもうまくいかない。とりあえず、講師がいうような予習とか復習とかはし始めたし、なんだかんだ勉強はするようになったけ
春明 力
560
12

散々おごってもらった友達に「お返し」をした時に言われた言葉がシビれた話。

今から2年ほど前、僕は長崎の実家に帰りました。 「両親に会う」という目的もありましたが、 「友達に会う」 という目的でも帰りました。 だから、一泊を両親。もう一泊を友達と過ごしました。 「社会人になったら、学生の時の友達とは疎遠になりがち」 という言葉をよく聞きます。 だけど、僕らの場合、今でも電話し合ったり・・・ 僕が住んでいる東京まで友達が会いにきてくれたりもします。 地元の友達のほとんどが、高
よう いんひょく
275
8

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 11

夢の続きへ これから、どんどん次の作品は出していかねばなりません。 もちろん僕も音楽の勉強はし続けていきますが、 予定していたTake 6の曲 は出さないことにしたので、今すぐに素晴らしいアカペラアレンジをすることが必要になったのです。 制作会社にもたくさんアレンジャーの方がいらっしゃいますが、ジャズピアノを習っていたときの先生とアカペラアレンジをしてみたところ、アカペラアレンジはやっぱり独特なもの
坪田 真紀
2168
20

大嫌いで顔も見たくなかった父にどうしても今伝えたいこと。

今日は父の日です。 この、STORYS.JPさんの場をお借りして、 私から父にプレゼントをしたいと思います。 その前に、少し私たち家族をご紹介させてください。 父を嫌う娘 お父さんなんて、嫌い。 話したくない。 話かけんな。 そう思っている子は多いと思います。年頃の女の子なんて特に。 よくある父と娘の話です。 私もその中のひとり。 私が家に帰ってくるたび、話かけてくる父でした。 「仕事はどうだ?」

書きかけのストーリー

Sekine Yumikaさんの書きかけのストーリーはありません

Sekine Yumikaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|