STORYS.JP

松下 勇作

今日ご飯したいと思った人同士、
5人で1時間の夜ご飯を楽しむためのサービス
「Five-Seats(ファイブシート)」を運営しています。
http://five-seats.jp

ストーリーをリクエストする

松下 勇作の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

須田 仁之
1667
11

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
Handa Naoto
51131
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
田淵 寛子
167
3

【番外編】萌え系お好み焼き屋のコンセプトをなぜ変更したか(1)ターゲットは誰

そもそものコンセプト フランスでは、日本のPOPカルチャーを展示する、 JAPAN EXPOに毎年約20万人の動員があります。 そんな理由で、当初お好み焼き屋をただ出すだけでは面白くない、 フランスで流行っているアニメ等日本のPOPカルチャーを取り入れるのだ! と言って、萌え系、つまりは コスプレお好み焼き屋 をするつもりで居ました。 実際に来てみて…。 パリに引っ越して来て、ゲーム屋の集まる場所、
本間 和城
57

【Startup Weekend】54時間のスタートアップ体験イベントで牛丼について語った話

ひとりで食べるご飯の寂しさを無くす? 日本中がサッカーワールドカップ「日本VSコートジボワール」で一つになっている時、 僕たちは東京麹町で、脇目も振らず新たなビジネスプランを練っていた。 「Startup weekend」 金土日の3日間、計54時間で新たなプロダクトを練り、プロトタイプを作るイベントです。 ひとりではなく、金曜の夜に「はじめまして」で作った5~10人のチームで 「世の中にはどんな課
千葉 礼美
301
10

「みんなが2時間やるなら、あんたは4時間やりなさい。」

ぼくは勉強ができない 「ぼくは勉強ができない」という山田詠美さんの小説 に出逢ってしまい、そこから私は自分の出来の悪さをしょうがない!そうゆう仕様です!!と思うことにした。 この小説の主人公は、女の子にモッテモテで、年上の彼女のいる男子高校生。 成績はよろしくない。 彼は、「勉強よりも大事なことってあるだろう!」という思考の持ち主で、この考えに出逢ってしまった中学生の私は、「あ、それもありなのか」と
寺澤 浩一
919
3

パズドラで急成長するガンホーの孫泰蔵会長が、東大受験に2回失敗した時に、兄・孫正義ソフトバンク会長から教わったこと。

だいぶ昔の話になりますが、1990年代終わり頃の数年間、僕はある大手証券会社のベンチャー企業支援事業のお手伝いをしていたことがあります。具体的には、全国の中堅・中小企業の経営者や起業家向けに月刊情報誌を編集・制作する仕事でした。その中で、当時注目され始めていたベンチャー起業家に毎月1人ずつお会いし、インタビュー記事を書いていました。 ガンホーの孫泰蔵会長(当時はインディゴ代表取締役)にお会いしたのも
嶋津 桂子
5324
40

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

結論から言うと、 遺失物法 (落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、 遺失物 (落とし物)の 拾得者 (拾って警察に届けてくれた人)によって、 所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、 とても危険な法律 である。 ……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。 ―――――――――
寳槻 泰伸
29398
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
廣川 ともよ
610
17

私が自分の左手を好きになった話。

生まれつき、私の左手には赤アザがあった。 「単純性血管腫」という言葉を聞いた事があるだろうか? 別に検索する必要はないが、皮膚に赤いアザのようなものがある状態のことを医学的にはこう呼ぶらしい。 こんな大層な名前をつけられてしまうと急に恐くなってきてしまうのだが、実際のところほとんど害はなく、種類によっては成長の過程で消える場合もある。 色はピンク色からワインレッドまで様々。 私の場合このアザは左手の
Maruyama Satoshi
158
3

ベンチャーキャピタリストになったキッカケ

和田さんからのすごいキラーパスが来て「ベンチャーキャピタリストになってきっかけ」?を書くことになったわけですよ。 「なったきっかけ」なのか「なって(から何かをはじめた)きっかけ」なのか。たぶん前者だと思うので、そっちで書いてみようと思う。 そもそも論で私は真のベンチャーキャピタリストなのかというところがあり、個人として自らも出資をしてGPを務めるということをベンチャーキャピタリストというのであれば、

書きかけのストーリー

松下 勇作さんにもっと聞きたい話リクエストする

|