STORYS.JP

小出 祐廉

小出 祐廉の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

小出 祐廉の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

小森 雅
5155
10

就活失敗して内定がもらえなかったからMBAにいったらスゴイことになった話

プロフィール 小森雅(こもりみやび)。1988年生まれで神奈川県出身。日本大学、商学部卒。大学3年から4年にかけて就活をするも全滅し、逃げ道として一橋大学大学院のMBAに進む。そこで大量の情報をインプットし、毎日優秀な人と議論し、課題をこなすことで実力を身につけ、2度目の就活では一流企業から複数内定を獲得することに成功。 はじめての就職活動 志望動機なんかねーよ 大学3年、後期の授業が始まり、10月
ito sho
545

スペインに留学すると言ってとある離島に1年間住んだ話 学校が始まる

知り合いばかり? さてはて、1周間が曲がりなりにも過ぎて生活に慣れてきた頃。 とうとう学校が始まりました! とても小さな学校の中で友達できるかなぁ… と不安と期待を胸にバスに乗って行きました。 学校 チームメイト お、チョー!(みんなショウじゃなくてチョーとかになることもある) 僕 あ、あれ?君は…? チームメイト アローンだよ!お前どこのクラスだよ?俺は4eso(高校1年相当)だよ!チョーは? 僕
Kato Yuki
4810
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
玉樹 真一郎
103

パーカーを恨んだ話

内弁慶を炸裂させていた小学校5年生ぐらいの僕は、同居している祖母にキレながら訴えた。 「パーカーがほしい!」 同級生が着ているフード付き(当時は「フード」という言葉を知らないので、「帽子」と呼んでいた)の服が欲しくて仕方がないから買ってきて欲しいとせがんだ。 普段は服がほしいなんてまったく言わない僕も第二次性徴の時期にさしかかり、そういう事を考えたようだ。 家は貧乏だったから、そんなに自由になるお金

書きかけのストーリー

小出 祐廉さんの書きかけのストーリーはありません

小出 祐廉さんにもっと聞きたい話リクエストする

|