STORYS.JP

Shinozaki Yusuke

12/14/1993生まれ
同志社大学退学
その後東京のIT企業にてインターンシップ経験
現在、アメリカ・カリフォルニア州にあるCollege of San Mateoに在籍
専攻はArchitecture

ストーリーをリクエストする

Shinozaki Yusukeの人生のストーリー

東京-京都をママチャリで完走した話②

前回までの振り返り 何となく思いつきで友人2人と京都から東京を目指し、ママチャリで旅に出る。1日目は京都駅を出発し、滋賀を越え、三重まで進んだ。そこでトラブルが発生するが、スーパーのおばちゃんという 女神 に助けられ、無事?1日目を終えることが出来た。 (詳しくは①参照) 2日目 スーパーのおばちゃんの家で朝を迎えた僕らには、温かくおいしい朝食が用意されていました。 おにぎりとみそ汁がこんなにおいし

東京-京都をママチャリで完走した話①

まあ、そうですね。 今年の3月、、 同志社大生の僕は、ふと思い立って友人とマクドで、 「うーん、、東京行かね?笑」 とノリでなったわけです。 で、出発は速攻で来週と、、あれよあれよというまに決まって、さあ行こうかと当日を迎えたわけです。 1日目 いよいよ出発の日。 しかし、当日の予報はまさかの雨ww 空を見上げると、もう今にもふってきそうです。 雨...やだなあ、とそんなことを思いながらまあ、友人の

東京-京都をママチャリで完走した話③

前回までの振り返り スーパーのおばちゃんの家で朝を迎えた僕ら。三重を出発しなんとか静岡へ。静岡の「さわやか」でハンバーグを食べ、友人の実家に泊めてもらえることに!無事2日目を終了することができた。 (詳しくは②参照) 3日目 友人の実家(静岡・浜松)で朝を迎えた僕ら。暖かい風呂と布団にありつくことができ尋常じゃない幸せを感じました。 3月だったんで結構寒かったんですよ。チャリこいでるときってやっぱ風

東京-京都をママチャリで完走した話④

前回までの振り返り 友人のHRK氏の実家で朝を迎えた。やはり、実家という環境は非常に心地よいもので、僕らはその環境に甘んじてしまった。笑 なんとか出発したものの、 静岡 (以下、化け物)という 化け物 に翻弄され続ける1日となった。 化け物は僕らの正気を奪い、活力を奪い、そして僕らはマクドナルドの椅子に沈んだのである。 4日目(最終日) 結論から言う。京都を出発し、永遠にも思えたチャリ旅もいよいよ最

僕がアメリカに来た理由

こんにちは。 ちょっと今日はガチめの話をしようかなと思います。 もちろんみなさんに、そして自分自身にも。 2013年8月6日僕はおよそ1年通った同志社大学に退学届を提出した。(2013年4月から8月までは東京でのインターンシップのためのため休学していた。) もちろんアメリカに行くため。アメリカの大学で勉強するため。 同志社を辞める不安は全くなかった。 なぜなら僕には僕が生きる意味が全く見いだせなかっ

カテゴリー

読んでよかったストーリー

笠井 レオ
3242
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
は な
590
7

インドに一人旅しても価値観が変わらなかった話

インドに行こう。 そう思ったのは大学3年の夏に日本一周をしている時だった。 なんとなしに綺麗なサリーを着た人々が自分の目で見てみたくなった。 インドに行って価値観が変わったという話をよく耳にするから、本当に価値観とかいうものが変わるのかも気になった。 一人娘で音大生の温室育ち。小さい頃からピアノばかり。 大学時代にどっぷりと一人旅にハマり、国内海外関わらずふらふらと放浪ばかりをしているのを黙認してい
Suzuki Takuya
18638
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
Kato Yuki
4718
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
watanabe yuri
66

いつも寝癖のままレジ打ちするワタナベ君の話

彼の前髪には、今日も寝癖がついていた。 名札に「ワタナベ」と書かれたこの彼とは、同じ苗字だが何の関わりもないし、恐らく彼は私のことを知らない。   初めて彼を目にしたのは半年前。スーパーのレジに並ぶと、不慣れな手つきで商品をかごに入れる少年がいた。どうやら新人らしい。研修中の名札をつけた彼は、しかしあまりにもたつくので、しびれを切らした教育係の女性に「さっきも言ったでしょ!こうするの!」と注意を受け
家入 一真
6871
3

paperboy&co.創業記 VOL.1: ペパボ創業からバイアウトまで

12年前、22歳の時に福岡の片田舎で、 ペパボ ことpaperboy&co.を立ち上げた。その時は別に会社を大きくしたいとか全く考えてなかった。家で仕事が出来て、仕事をしながら子育て出来ればそれでいいやと思ってた。当時サラリーマンをしてたんだけど、中学2年から引きこもり、対人恐怖症気味だった僕には、定時出社や同僚とのコミュニケーションが苦痛でしようが無かった。サラリーマンを辞めたいが為の起業。どちら

書きかけのストーリー

Shinozaki Yusukeさんの書きかけのストーリーはありません

Shinozaki Yusukeさんにもっと聞きたい話リクエストする

|