STORYS.JP

高橋 祐介

高橋 祐介の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

高橋 祐介の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Tommy 1031
401
10

3.11のあの日 東京で

※自分は311の時どこで何をしていたのか、記録に残しておくために書きました。私はスマホを持っていなかったので、ニュースなどの情報がほぼ入らない中、 発生から9時間以上かけてようやく家にたどり着きました。 ただ行く先々での人々の雰囲気や気配から、事態の大きさを推し量って行動しました。 2011年3月11日(金) あの日、私は東京都心にいた。 私はフリーでグラフィックデザイナーをしていて、 普段はたいて
西條 智之
431
6

「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道

「俺は早稲田、お前は獨協」私が大学を卒業して、新入社員として入社した中小証券会社で、上司から言われた言葉です。 当時の証券業界は不況で、「掃(は)きだめの証券業界」と言われていました。就職活動で行き詰まった大学生が、最後に行ける業界でした。ノルマ、ノルマの連続で、営業5年で「倫理観がマヒする」と言われる厳しさでした。 私は、高校の英語の先生から、「英語を学ぶなら、東京に行きなさい。そして、聖書を読み
金子 恵美
78

若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第二章

涙が止まらなかった前夜。 師走の喧噪の中、私は色々なことを決め、悩み…生きていた。 誰に相談をする訳でもなく、ただ静かに決断を一つずつ。 こういう時、自分でも「損な性格だな」と思う。 泣き喚くこともなく、ただ冷静に… 仲間や親友、身内に相談をしても良かったのかもしれない。 でも、あえてしなかった。 だって、決めなくてはいけないのは「私の命」の行く末。 他人の感情は不要だった。 こう書くと、何だか冷た
Suzuki Takuya
18090
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
Fuji Momoko
45

クラスで下から2番目だった私が上から2番目になるまで

「三者面談…行ってきます。」 夏真っ盛りの8月。部活の顧問にそう伝えて体育館を抜け出した。 私の通っていた学校は中高一貫の女子校。当時私は中学3年生。他校の生徒達が進学の為に受験勉強に励む中、私は呑気に過ごしていた。考えることと言えば、部活のあとどこに寄り道するか、家に帰ってアイスクリーム食べようかなとか、そんな下らないことだった。 三者面談も別に嫌いではなかった。だるい部活動を抜け出し、クーラーの
Handa Naoto
48017
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
神谷 純平
1154
22

”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

今日も一日、はじまるのか・・・ やっぱりつまらない。セブンイレブンで朝食を買う日課をこなしながら感じていた行き詰まり この仕事を続けている以上、毎日電車に揺られて同じ職場に行く日々が見えている。 やったら出来る。 日本で一番の営業成績。 そんな安心感と、華やかに見えていた生活も、これから出逢うある人から見ると、私の人生は完全に終わっていました。            ある人 (画像はイメージです。)
神谷 純平
1152
18

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

大学を辞めたらこうなりました。 このストーリーはわたしの大切な仲間、勇太さんの壮絶な生涯をJUMPEIが代わりに書き残したものです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第1話 寿司屋のバイトが○○で2500万円稼いだ話 勇太 スーツを着るのが嫌だ!サッカーで食ってく。 そんなことを思ったのが中学2年、サッカー少年の時だった。 しかし、飽き症だったわたしは、サッカーに集中することが出来ず サ
宮下 甲子郎
3433
20

学歴フィルターを無視してFラン大学の学生に内定を出した話

「うちはマーチ以上しかとらん!」 人事室室長が顔を真っ赤にして罵声を浴びせてきました。 営業を数年経験した後に、人事部に配属になった私は、はじめこそ上のやり方に従って採用活動をしていたものの、次第に会社のやり方は間違っているのではと疑問を持つようになっていました。 いつも人を見下したような態度をとる東大出の人事部室長は、学歴差別主義者で「学歴と仕事の出来は比例しとる」という考えの持ち主でした。大阪出
下川 祐介
51

■小学生時代にDJに憧れた男が一つのラジオ番組の終焉に語る想い③大学生・社会人編

◇一人暮らしの僕とラジオ~大学生編~◇ 大学生となった僕は憧れの一人暮らしを始めた。めぞん一刻の様な古いアパートに入り家賃35,000円の風呂なし(コインシャワーのみ)・トイレ共同の生活だ。慎ましやかに生活はしていたつもりだが、学費と一人暮らしの生活費の双方を稼ぐにはバイトをする必要がかなり出てきて大学1年生~2年生の時にはラジオを聴く余裕も持てないほどだった。(僕の経験してきた数々の深夜バイトに関

書きかけのストーリー

高橋 祐介さんの書きかけのストーリーはありません

高橋 祐介さんにもっと聞きたい話リクエストする

|