STORYS.JP

宇都宮 悠佑

ブログ http://ameblo.jp/misuzu512/

ストーリーをリクエストする

宇都宮 悠佑の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

森山 美真紀
100

絶対的自己否定だった私。ある人の一言で、「私でも◎◎になれるかも・・・」と思い、◎◎が芽生え、人生に希望が見え、劇的に人生が変化した話。

私 はぁ・・そうなんですか? (「トラウマ?」私には、そんなものないけど。。。心の声) 自己否定。 他者否定。 人間不信。 トラウマ。       ものごごろがついた時には、 この状態が「当たり前過ぎて」、 自分がそういう状態にいるってことに、 当時、私は、全然、気付いてなかった。        例えるなら、 暗いドームの中に、 震えながら、 一人で膝を抱えて、 誰かが、 迎えにきてくれるのを待って
西勝 ユズル
1738
27

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

そっか、あなたは○○をしたかったんだね。 この出会いがなければ、僕は死んでいたかもしれない。 はじめまして!心の事をお仕事にしながら、旅を続けるライフスタイルをしている西勝ユズルと申します。 タイトルのとおり、僕は社会人1年目の時に“うつ状態”となりました。そして、半年で完治をするという経験をしていくのですが、その時に家族や友人など、様々な方から、涙のでるような言葉を何度も頂き、僕はスピード良く社会
Takai Rei
744
6

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 孤独を抱いて寝る時

旅に出ると不思議とみんな社交的になる。 特に一人旅をしている者はとても社交的だ。 同じ安宿で出会った旅行者同士すぐに 「やあ!どっからきたの?どこ周った?一緒にご飯食べよう!」 となる。 男女、国籍関係なく、すぐに仲良くなる。 不思議だった。 日本に居たらすれ違う人と一緒にご飯を食べようなんてすぐには声を掛けない。 むしろ、怪しまれる。 なぜだろう? と旅に出る度に考えていた。 うすうすわかっていた
寺澤 浩一
703
15

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

ひょんな縁で、22歳の大学生・K君と知り合いました。彼は重症の吃音(きつおん=どもり)で、それをたいへん悩んでいました。僕にとって吃音は決して他人ごとではなく、中学3年からの10年あまりの間、悩みに悩み抜いたもっとも重大な問題でした。 K君のこれからの長い人生のために、そして自分自身が経験したことが誰かの役に立つように、この雑文を記します。かなりの長文で、ちょっとしたカミングアウトになりますが、ご容
おの みゆき
494
15

ネガティブな感情が実はとてつもなくメリットになっていた私

「ねばならない」 これが幼いときからの私にまとわりついていた言葉でした。 正義感の塊で、少しの不正も許せない。 もちろん自分も、他人も。どんな人であっても。 幼い頃の私の話しから始まります。 もしかしたらそうではないのかもしれませんが、 私は、学校生活というものに あまり良い思い出がないように思います。 小学校から中学校まで 遠足もお弁当を一緒に食べてくれる友人を いつもギリギリまで探さなくてはなり
阪口 ユウキ
5161
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝

書きかけのストーリー

宇都宮 悠佑さんの書きかけのストーリーはありません

宇都宮 悠佑さんにもっと聞きたい話リクエストする

|