STORYS.JP

Hosogoe Yuta

Hosogoe Yutaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Hosogoe Yutaの人生のストーリー

生まれも育ちも東京生まれな都会っ子が農業に目覚めた瞬間

何故、農業を学んでいるのか。 東京都目黒区出身の私には、こうような質問を数多く頂く。 そこでまず、東京都目黒区出身の都会っ子が農業に興味を持ち始めたキッカケをお話したいと思う。 父親は青森県八戸出身。母親は岩手県奥州市出身。 いわずと知れた、東北のサラブレットとして東京に命を受けた細越である。 なんの変哲もない一般家庭に生まれた私だが、少し他人と異なるところがあるとするならば高齢出産で生まれたことだ

食べるという行為を見つめなおしてみませんか。











(読了1分)

「今までで一番美味しかった食事って何ですか?」              少し、考えてみて頂きたい。 



思い浮かべた光景は、だれかと一緒にいる時に感じたものではないだろうか。

 【美味しい】と一緒に共感できる人が居ること。 
私はそれが【美味しい】の最低条件だと思っている。

 こんな話がある 

−私が「誰かと一緒に食べることの大切さ」を考える様になったのは、彼女と別れてからでした。それま

アフリカで1日4回野グソして気づいた7つのこと

ごく平和な1日だった。朝食の前に散歩をし、現地の人と知っている僅かなスワヒリ語で楽しく会話をし、朝食を済ませ調査へ。とても順調だった。充実した1日になるハズだった。しかし、15時を回ったころ…急に便意をもようした。アフリカの村は家と家の間が離れている。つまり野グソか我慢しか選択肢が無かった。そして、野グソした。結果的に4回も。 ~アフリカで1日4回野グソして気づいた7つのこと~ ①トイレが無い 野グ

読んでよかったストーリー

Azuma Y
1510
15

(面接編のみ)就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

地味な奴が悪魔に見えてくる 就活のグループディスカッションを通して学んだことがある。 その人の全てを知るまで、その人を馬鹿にしてはいけないというものだ。 この記事は、自分のブログに転載いたしました。 下記リンクがその記事になります。 この記事は魂を込めて書いた記事なので、是非読んでみてください。 「Be Excited」 人が面白がってくれるコンテンツを発信していきたい。 記事はこちら
Kuchiki Seiichiro
435
20

良心は元カノの声をしていた

Photo by  Luis Hernandez はじめまして。医学生兼ライターの朽木( @amanojerk )です。 僕は医学部の学生をしながら、プロのライターとして活動しています。が、このように自己紹介をすると、「どうして」と聞かれることも多くあります。 話すと長いしふだんはいちいち説明などしないのですが、今回はせっかくなので、「なぜ僕が医学生兼ライターとして仕事をはじめたのか」をお話しします
mamita .
457
6

「時間を持つ生き方」ゲーム会社で4年働いた後、23歳で大学生になった

私の【20代前半に、してよかった生き方】は社員から大学生になって「時間を持つ生き方」をしたことだ。 23歳ぴかぴかの大学1年生。ストレートで入学した同級生とは5歳差。 まだ青春間に合う!とギリギリで駆け込んだ大学で、やっとのこと、遅いモラトリアム期間を得ることができた。もし私があのまま会社員として働き続けていたら、ものすごく歪んだ人格と、面白みのなく暗い人生になっていたことだと思う。 大学に入る前に
Hosogoe Yuta
51

生まれも育ちも東京生まれな都会っ子が農業に目覚めた瞬間

何故、農業を学んでいるのか。 東京都目黒区出身の私には、こうような質問を数多く頂く。 そこでまず、東京都目黒区出身の都会っ子が農業に興味を持ち始めたキッカケをお話したいと思う。 父親は青森県八戸出身。母親は岩手県奥州市出身。 いわずと知れた、東北のサラブレットとして東京に命を受けた細越である。 なんの変哲もない一般家庭に生まれた私だが、少し他人と異なるところがあるとするならば高齢出産で生まれたことだ

書きかけのストーリー

Hosogoe Yutaさんの書きかけのストーリーはありません

Hosogoe Yutaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|