STORYS.JP

伊達 勇樹

伊達 勇樹の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

伊達 勇樹の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

三田 サンジ
822

大事な事はすべてパチスロから教わった(第5回)無心で打てば不安は消える

30日間、毎日ひたすらデータ分析、シュミレーション、 そして常連さんとのコミュニケーションを行い、 いよいよ僕が ホールデビュー する日が来た。 最初の軍資金は 7万円 。 この7万円は、師匠から頂いたものだ。 僕が弟子になることと引き換えに、このお金をもらったのだ。 パチンコやスロットを本気でやっていくのに、正直7万円じゃ少ない。 最低でも20万円ぐらいないと、心に余裕が無くなり、冷静な判断が出来
菱沼 真
2912
12

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたもので す。 前回は、憧れのドイツ製最高級車BMW M3の納車までのSTORYでしたが、 今回は 「成功の足音が聞こえ出した時が一番危ない」 そんなお話です。 カッコよく言えば、そんな教訓になりますが、 一言で言えば、 「大きくやっちまった話」 です(笑) 【最高の車だったBMW M3】 22歳3月、もう大学の授業もなかった
菱沼 真
15175
31

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を
伊藤 悠
971
5

会社を辞め、30歳からバスケットボールを始めた理由 2

うまくいかない人生の始まり 思春期以降、僕は一日の90%は鬱屈した気分で生きていた。 確かに高校はつまらなかった。もっとワクワクするような日々を想定していたのに、待っていたのは、何も起こらない毎日で、画期的な手法もあるわけではないのにひたすら受験問題だけを解かせる田舎の公立進学校の日々に辟易していた。高校時代のクラスの女の子の顔は一人も思い出せない。 勉強をするわけでも、何か他に趣味があるわけでもな

書きかけのストーリー

伊達 勇樹さんの書きかけのストーリーはありません

伊達 勇樹さんにもっと聞きたい話リクエストする

|