STORYS.JP

長村 勇輝

毎日、1人のペースで就活生の相談に乗っています。お気軽にご連絡ください。

ストーリーをリクエストする

長村 勇輝の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

西村 創一朗
321
1

【第1話】19歳で父親になって葛藤に苛まれていたぼくがとあるNPOに出会って人生が変わった話。

「19歳で父親になった話」のエピソード2 「19歳で父親になった話」をSTORYS.JPに投稿してから早2年。 『19歳で父親になった後、その後どうなったの?』 『その後の話が聞きたい!』 というコメントを多方面から頂戴しておきながら、筆不精のぼくはなかなか筆を取れずにいたのですが、友人や後輩が続々とストーリーを公開しているのを見て、そろそろ続編を書こうかなという気持ちになってきました。 「ホームが
佐藤 裕介
665
3

Google を辞めたのは

悶絶インザベッド。こういう時に限って買い置きのVittel もなく口の中と心をカラカラにして頭痛と戦いながら、仰向けに寝転がりラップトップを胸の上にセット、まくらを立てて首を起こし、病床コンピューティングを続けています。 このように久しぶりの風邪に完全に屈しながらも、先日婚活女子に問われたGoogle を辞めた理由をぼんやり熱っぽい頭で考えてみたら草むしりの原理に落ち着いたので、それについて書いてみ
佐藤 裕介
1347
4

経営における「クソジーコ問題」とは

会社を 3 年半ほど運営していて、めちゃくちゃアタマを悩ませたことのひとつを「クソジーコ問題」と名づけてみました。もちろん由来は元日本代表監督のジーコ氏ですね。 ジーコが優秀な監督かどうかはサッカーに詳しくないので判断がつかないのですが、(優秀な) プレイヤーが監督 = マネジャーになった時に発生する問題について今日は書いてみたいと思います。 ◆ ありがちなミドルマネジメント不足 1 年半ほど前、僕
小森 雅
5074
10

就活失敗して内定がもらえなかったからMBAにいったらスゴイことになった話

プロフィール 小森雅(こもりみやび)。1988年生まれで神奈川県出身。日本大学、商学部卒。大学3年から4年にかけて就活をするも全滅し、逃げ道として一橋大学大学院のMBAに進む。そこで大量の情報をインプットし、毎日優秀な人と議論し、課題をこなすことで実力を身につけ、2度目の就活では一流企業から複数内定を獲得することに成功。 はじめての就職活動 志望動機なんかねーよ 大学3年、後期の授業が始まり、10月

書きかけのストーリー

長村 勇輝さんの書きかけのストーリーはありません

長村 勇輝さんにもっと聞きたい話リクエストする

|