STORYS.JP

千田 裕理

Webマーケティングのジェネラリストを目指して、修行中の25歳。
副業でアドセンスブログを展開中。
大学時代には1年休学して、フィリピン留学とベトナムにて広告営業のインターンシップをしていました。

ストーリーをリクエストする

千田 裕理の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

神谷 純平
2468
65

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

お母さんが言ってたの! 人生をワクワク生きる為には、 荷物を持つ不安よりも大切な ◯◯を持ちなさいって。 はじめまして。一年のほとんどを海外で旅しながら『好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活』を実践している神谷純平といいます。 いまから8年前、わたしはうつ病でベッドから立ち上がることが出来なくなっていた時期があります。 その時、同じアルバイト先のゴンちゃんから、人生を変えるきっかけを貰
阪口 ユウキ
5002
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝
長倉 顕太
329
7

ラスベガスで三股で失敗し、ベストセラーを連発。そして、ただいま40歳フリーター

ラスベガスで三股 「げっ!また、8が来やがった」 正直、オレは自信がなかったし、もうこれ以上大金を賭けることはしたくなった。 でも、オレの手札は スペードの8とハートの8。 ここは間髪入れず、 「スプリット」 だった。 2000ドル賭けてたから、もう2000ドルを賭けた。 つまり、4000ドル賭けてるわけ。 ところが、もう一枚、8が来ちまった。 ここでブラックジャックっていうギャンブルについて説明し
たつみ かずき
356

古民家ゲストハウスの創り方

え?!ここ?!ここはさすがに違うやろー!! -2009年1月 ぼくは小学生の時代を過ごした第二の故郷長野県小谷村に父と訪れておりました。 ‘小谷村’と書いて、この村名をすんなり読める方はどのくらいいるのだろうか?? 小さい谷の村、と書いて「おたり」と読みます。 ここは長野県小谷村-OTARI- 長野県最西北新潟県境のこの村は 北アルプスの山麓に位置しており豪雪地帯の村。 スキーリゾートの観光地であり
和佐 大輔
283
1

Youtubeでゲーム実況をして広告収入4億円だってさ。

Youtubeでゲーム実況をして広告収入4億円だってさ。 http://on.wsj.com/1lBayB9 このニュースを見て、多くの人はこう思うだろう。 「おお、Youtubeってすげー、そんなに儲かるのか。ゲーム実況ぐらいなら俺にも出来そうだからやってみようかな。」 「ゲームして楽して儲けやがって、ムカつく。」 「時代の流れに乗れただけで、すぐ飽きられて没落するだろう。」 「Youtubeはチ
室田 泰文
5673
11

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.1 ~懐疑からの始まり~

思考は現実化する?! 私は 精神世界などにはまるっきり興味なかったばかりか、『怪しい!!』と拒絶反応を示すほど だった。 そんな私が、いろいろあって『思考は現実化する』かどうかを真剣に確かめてみたくなった。 『確かめるしか無い!』 そういう衝動が沸き上がってきた のだ。 外に仕事にも出ていなかった 自分は、この探求をメインの活動にすることにした。 『これが本当だとしたら、、、、仕事なんてやっている場
森山 真祐子
259

登山をキッカケに人生前向きに!就活失敗女子が、カンボジアで起業するまで

就職活動と、苦悩の日々 わたしの大学生活は、大部分で言えばキラキラ充実していたと思う。 それが一転したのは、就職活動を迎えてからだった。 何がしたいのか、何をすべきか、わからない。 その頃の私は「社会に出る」ということが何を意味するのか、全くイメージできていなかった。 わからないなりに、同期の見よう見まねで頑張ったが、採用に結びつけられない。 どんどん自分が嫌いになってくる。 ついには、心の底から好
Numata Yumi
169
6

世界一周の途中で親友になったカンボジア人を日本に連れて来ちゃった話。

「私もいつか、ユミみたいに世界の色んな国に旅してみたい!!」 レアのその一言が、全ての始まり。 2009年、大学を休学して念願の世界一周バックパッカー一人旅に出た。 当時21歳。 生まれも育ちも田舎だったので、親元から離れる大学時代には、自分の好きな事をやりつくしたかった。 幸い親の理解も得られ、大学2年時にはオーストラリアに一年間留学へ行けた。 留学帰りにボランティアのため立ち寄ったカンボジアがす
小泉 憲一
1257
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
Hori Aya
614
25

中卒底辺だった私が10年以上かけて這い上がる話 2

「恨み」をエネルギーにする 中学時代イジメられ、高校をさっさと辞め、フリーターでのんびりお金を稼ぎ、社会へ出るための踏み台として専門学校を選んだ。これまでの経緯や、理由は以下の通り。 1、私をイジメたヤツへ復讐をしたい。ぎゃふん希望。  2、殴るとかしない。社会的にも制裁はしない。 3、ヤツらが羨むような勝ち組になる。成功して見下したい。 4、デザイナーとか職業的にはめっちゃイメージ良さげ。 5、デ

書きかけのストーリー

千田 裕理さんの書きかけのストーリーはありません

千田 裕理さんにもっと聞きたい話リクエストする

|