STORYS.JP

Shozi Yuya

Shozi Yuyaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Shozi Yuyaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

井原 真吾
536
2

大嫌いだった「自分探しの旅」を、今では勧めるようになったきっかけ

もともと、「自分探しの旅」はすごく嫌いでした。 なんとなく薄気味悪い意識が高そうな響きや、言葉の与える印象がイマイチ。 そもそも「自分なんて見つけるものでは無い、甘えるな!」というのがもともとの「自分探しの旅」に対するイメージで、なんとなくサッカーの中田選手の引退後に対してもあまり良い印象を抱いていませんでした。 旅自体に対しても多少の憧れはあったものの、元が出不精なもので、一人旅なんてしたことも無
平城 寿
526
27

@SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』

私の人生は、実は苦難の連続でした。 こんにちは、私は『@SOHO』という、 ビジネスマッチングサイトを創業し、運営してきました。 一応、このジャンルのWebサイトとしては日本国内No.1の会員数となっています。 私はこれまで『華々しい経歴を歩んできた』 と思われることが多かったのですが、 実はそれは誤解で、 私も様々な失敗と挫折を経験しながら、 今に至っています。 最近では起業を目指す方にアドバイス
阪口 ユウキ
2831
20

【男が道に迷ったら】とある石油会社の重役に、利根川で鯰を釣りながら教わった人生の指針。

男はな、○○をしていないと、何を見つけることも、何を手に入れることもできないんさ。 こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している、阪口といいます。 今から3年半前、僕は重い鬱病で、半年ほど寝たきりになっていた時期があります。 そのとき、利根川の桟橋で、 とある石油会社の重役である「伊波さん(仮名)」 という方と釣りをする機会がありました。肩を並べて釣りをしながら、 男が道に迷ったときはどうす
柳 俊
95
6

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

女の子とお酒飲んでお金貰えるなんて最高だな! 華のキャンパスライフに憧れ入学した中央大学。 留学もしよう、公認会計士の資格も取ろう、宅建も取って、中国語もマスターするために語学は必修が多いコースを選択しよう……などといわゆる意識高い系だった僕の夢は、結論から述べると全て叶わなかった。 多くの大学生がそうであるように実際は新入生歓迎会という名の飲み会に明け暮れ、どんどんと自堕落な方向へと流されてしまっ
柳 俊
95
6

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

女の子とお酒飲んでお金貰えるなんて最高だな! 華のキャンパスライフに憧れ入学した中央大学。 留学もしよう、公認会計士の資格も取ろう、宅建も取って、中国語もマスターするために語学は必修が多いコースを選択しよう……などといわゆる意識高い系だった僕の夢は、結論から述べると全て叶わなかった。 多くの大学生がそうであるように実際は新入生歓迎会という名の飲み会に明け暮れ、どんどんと自堕落な方向へと流されてしまっ
蒼山 隆之
643
3

本腰入れて早稲田(&慶應大学)目指して浪人生活送った18歳の時の話。

今の仕事のルーツ・きっかけになっているのかなと今では感じる出来事だったが、 高校時代、集英社の編集者の方のご厚意で  当時アイドル兼女優兼歌手として人気絶頂だった 広末涼子 と日本武道館の楽屋で会わせて頂いたことをきっかけに、   大学受験の的を早稲田に絞ったのは高校1年の終わり頃だった。 わせだ。。ワセダ。。。WASEDA。。。 何処にある大学かもわからなかった当時。 けれど行く事だけは決めた。
T S
235
3

【第三部】中卒⇨上京⇨ホームレス⇨営業全国1位⇨鬱病、引きこもり⇨大手キャバクラ幹部⇨逮捕⇨24歳で起業⇨顎下腺腫瘍発覚、手術⇨事業失敗⇨退院後の25歳の夏、ゼロから再起業。

※4/5 表現を加筆修正しました。 会社を立ち上げたばかりで何かと忙しく、ここに訪れる時間がありませんでした。 久しぶりに開くと沢山の方々に見ていただいていて、とても驚きました。 ありがとうございます!続きを書いていきます。 第三部 悪い事はやっぱりバレる。そして訪れた恋 見出しの通りである。やっと仕事にありつけて生活の目処がたった僕は、浮かれていた。 何と入店1ヶ月もしないうちに、周りのスタッフ達
T S
2019
1

中卒⇨上京⇨ホームレス⇨営業全国1位⇨鬱病、引きこもり⇨大手キャバクラ幹部⇨逮捕⇨24歳で起業⇨顎下腺腫瘍発覚、手術⇨事業失敗⇨退院後の25歳の夏、ゼロから再起業。

人生再スタートを切った今、自分を振り返る。 初めまして。 改めてタイトルを見ると、山あり谷ありだったはずのこれまでの人生が、たった3行で収まってしまうことに驚く。 他人からしたらつまらない話かもしれないが、僕にとってはたった1度しかない人生の軌跡。 包み隠さずここに書き留めて、また一つずつページを増やしていこう。 第一部 どの町にもいる、元気な小学生 九州にある、某地方都市に生まれた。 生まれてすぐ
成瀬 望
969
30

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

旅、前日 なんでもない日常のなんでもないある日。 寝る前、明日の朝に旅立つことを決めた。 高校2年生の梅雨の季節。 明日、突然いなくなる。 親も先生も友達もクラスメートも誰も、ぼくが旅に出た理由はぜったいにわからない。 前後の脈絡なしに突然、失踪したようにしか見えないだろう。 それがいい。 ぼく自身、何のために、どこに行くか何も決めていない。 つまり、明日からぼくがどうなるか、本当に誰も知らない。
Yoshida Maiko
245

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第8話

何かが壊れる時 《これまでのあらすじ》初めて読む方へ 普通の大学生の篠田桃子の人生はある日を境に狂い出した。借金のため佐々木という男とその恋人玲子が任されている「パテオ」というショーパブで働くことになる。なかなかレッスンにはついていけないものの指名が取れ、恋人の拓也とも仲直りし順調に思えたが… 『パテオ』で働きだしてから1ヶ月過ぎた。 指名も少しだけ増え、接客にも慣れてきた。 客の年齢やキャラクター

書きかけのストーリー

Shozi Yuyaさんの書きかけのストーリーはありません

Shozi Yuyaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|