STORYS.JP

Shozi Yuya

Shozi Yuyaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Shozi Yuyaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

蒼山 隆之
621
3

本腰入れて早稲田(&慶應大学)目指して浪人生活送った18歳の時の話。

今の仕事のルーツ・きっかけになっているのかなと今では感じる出来事だったが、 高校時代、集英社の編集者の方のご厚意で  当時アイドル兼女優兼歌手として人気絶頂だった 広末涼子 と日本武道館の楽屋で会わせて頂いたことをきっかけに、   大学受験の的を早稲田に絞ったのは高校1年の終わり頃だった。 わせだ。。ワセダ。。。WASEDA。。。 何処にある大学かもわからなかった当時。 けれど行く事だけは決めた。
T S
232
3

【第三部】中卒⇨上京⇨ホームレス⇨営業全国1位⇨鬱病、引きこもり⇨大手キャバクラ幹部⇨逮捕⇨24歳で起業⇨顎下腺腫瘍発覚、手術⇨事業失敗⇨退院後の25歳の夏、ゼロから再起業。

※4/5 表現を加筆修正しました。 会社を立ち上げたばかりで何かと忙しく、ここに訪れる時間がありませんでした。 久しぶりに開くと沢山の方々に見ていただいていて、とても驚きました。 ありがとうございます!続きを書いていきます。 第三部 悪い事はやっぱりバレる。そして訪れた恋 見出しの通りである。やっと仕事にありつけて生活の目処がたった僕は、浮かれていた。 何と入店1ヶ月もしないうちに、周りのスタッフ達
T S
2002
1

中卒⇨上京⇨ホームレス⇨営業全国1位⇨鬱病、引きこもり⇨大手キャバクラ幹部⇨逮捕⇨24歳で起業⇨顎下腺腫瘍発覚、手術⇨事業失敗⇨退院後の25歳の夏、ゼロから再起業。

人生再スタートを切った今、自分を振り返る。 初めまして。 改めてタイトルを見ると、山あり谷ありだったはずのこれまでの人生が、たった3行で収まってしまうことに驚く。 他人からしたらつまらない話かもしれないが、僕にとってはたった1度しかない人生の軌跡。 包み隠さずここに書き留めて、また一つずつページを増やしていこう。 第一部 どの町にもいる、元気な小学生 九州にある、某地方都市に生まれた。 生まれてすぐ
成瀬 望
934
30

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

旅、前日 なんでもない日常のなんでもないある日。 寝る前、明日の朝に旅立つことを決めた。 高校2年生の梅雨の季節。 明日、突然いなくなる。 親も先生も友達もクラスメートも誰も、ぼくが旅に出た理由はぜったいにわからない。 前後の脈絡なしに突然、失踪したようにしか見えないだろう。 それがいい。 ぼく自身、何のために、どこに行くか何も決めていない。 つまり、明日からぼくがどうなるか、本当に誰も知らない。
Yoshida Maiko
238

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第8話

何かが壊れる時 《これまでのあらすじ》初めて読む方へ 普通の大学生の篠田桃子の人生はある日を境に狂い出した。借金のため佐々木という男とその恋人玲子が任されている「パテオ」というショーパブで働くことになる。なかなかレッスンにはついていけないものの指名が取れ、恋人の拓也とも仲直りし順調に思えたが… 『パテオ』で働きだしてから1ヶ月過ぎた。 指名も少しだけ増え、接客にも慣れてきた。 客の年齢やキャラクター
Yoshida Maiko
237

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第7話

夜の闇の世界で 《これまでのあらすじ》初めて読まれる方へ 普通の大学生の桃子は財布を失くしたことで人生が狂い始める。佐々木という男と恋人の玲子というカップルから借金をしたために彼らの任されているショーパブで働くはめに。乗り気ではないもののダンスレッスンとホステスとしての接客に少しずつ慣れていく。そんな中で、玲子の紹介であることについて他のホステスたちから「ヤバイよね」と陰口を言われているのを聞くが、
大芝 健太郎
113

【ヒッチハイク】東京 少しでも 運んで下さい

ヒッチハイク日記 7月31日から8月2日まで友達と一緒に 大阪に行ってた 大阪城行ったり お好み焼き食って たくさん飲んで そんな最高の3日間だった そんでその帰りはヒッチハイクで帰ろうと決めてた ゴールは東武東上線のどっか あとは定期で帰れるからね どうなるかな これめっちゃ長くなると思うごめん 8月2日 1日目 背中に 「名古屋 連れてって」 というB5の紙をはって歩き始めた 一歩でも東京に近づ
Yoshida Maiko
297

フツーの女子大生だった私の転落と波乱に満ちた半生の記録 第5話

もう後には引けない 《これまでのあらすじ》   初めて読まれる方へ 篠田桃子はごく普通の女子大生。ところが財布と携帯を紛失してしまったことから人生が狂い始める。携帯のみ無事戻るが、桃子は拾ったという佐々木昭泰が財布を盗んだのではないかと疑っていた。佐々木とその恋人中西玲子の計らいでお金のない桃子はショーパブで働くことを決める。決めたのは当然お金のためであるが、もう一つはショーに魅了されたからであった
しまふじ ますみ
61
3

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

あなたは母子家庭の実際を想像できない 私は手に職があったので、まだ、マシだった。 なんとかギリギリ食べて来られた。 でも、女性で子どもを抱えて、工場労働や水商売でなんとか生き延びている という人の生活に、思いを巡らせたことがあるだろうか? 彼女たちを責めることは、どうかやめてほしい。 今、人をつかえる立場になった私は、男性フリーランスではなく、 女性をつかう理由がそこにある。 男性は、いろんな事情が
川崎 亮也
1519
6

クズ大学生が大阪ミナミで1000万稼ぎ、学生起業家へ。

2010年、僕は関西の某私立大学に入学しました。 大学に入学した当初は、本当に”THE大学生”でした。 普通に時間の切り売りのアルバイトをして、 少ない給料でサークルの飲み会や合コンに参加したり、彼女とデートしたり、、 心の底では、「ビッグになる」「社長になって糞金持ちになる」などと漠然と思っておりました。笑 しかし、実際には月に5~6万円の給料をもらうだけのアルバイト、、 こんなことをしてていいの

書きかけのストーリー

Shozi Yuyaさんの書きかけのストーリーはありません

Shozi Yuyaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|