自分が考える事・自分について

自分が考える事・自分について

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考える事・自分についてのタグが付いたストーリー一覧 2314件

物に魂が宿ります「お気に入りのお弁当箱との別れ」

うちの奥さんが目の前でトラックに引かれたかのように悲しかった。 ある日の夜、朝4時のツイート充実してる。のあと、ある物がない事に気付きます。 愛妻弁当と、水筒、、、 青ざめたのは、トレーラーの踊り場に置きっ放しだった事に気付いた時です。 走ってるうちに落ちてないでくれ。 もう、4号の導線に列んでしまっていたから、後ろを調べると、やはり、無い。 どっかで落としたな。 諦めるか。 いや、なんか、涙が出る
Dai-Go!Low (だいごろう)
3

立ち直った26歳③

 頼れるものに頼ればいい 私は、友達や家族に助けを求めることをこの歳まで恥ずかしいことだと思っていた。 僕は友人である一人から、大切なことを教わった。 母が亡くなったあと、その友人と映画を見に行った。 別れ際に、僕はそのことを友人に伝えた。そして、その日から毎週1回家に遊びに来てくれた。 普通のことのように思うが、僕はそれでどれだけ救われたか、その友人は週に1度しかない休みを 使って来てくれていた。
Kouichi Sato
3

♪あるがままって難しい?でも…

♪こんにちは。 現在、会社を休職しています。 昨年まで順風満帆だったお仕事。 正確に言えば、人間関係も仕事の 内容にも慣れてきた頃、 年明けともにやってきた「変化」の 波に”乗る”事ができず、 徐々にその影響がでてきました。 まず起きたのは身体への”合図”。 早朝覚醒(2時頃に目が覚めて、 そこから寝れなかったりする)と、 ”腹痛”が生じました。 ストレス反応で感情的な辛さを感じても、 「俯瞰」「客
もんま けんいちろう
4

ママは強いというけど、強くならざるを得ない話。働くなら保育園(でも正社員じゃないと入るのは難しい)預かり保育のある幼稚園にいれてもママが働く大変さは変わらない。入園式では先生を待遇のいい都内に引き抜かれた園長先生が幼稚園の経営の大変さを語った話。

 パートで働いています。資格があるので仕事はみつかります。が、いつも悩むのは子どもの預け先。  引っ越してきて四月入園、新しい保育園で二歳児入園で、認可に入れたラッキーな私。  主人が第二子を希望しており、三歳からは幼稚園へ入園しました。預かり保育のある幼稚園です。  一年間通いなれた保育園を出たくなくて、息子は泣きました。 息子3歳 なんで僕だけ上のクラスに行けないの?  親の都合です。とは言えな
Nakamura ichika
4

口下手で八方美人だった私が、「思いを伝える力」をつけるまで その8

ここまで7回に分けて、 口下手で八方美人だった私の変化の過程をお伝えしてきました。 学生時代のトラウマから、 嫌われるのを恐れて常に周りを伺って、人に合わせていた。 自分の意見を主張するなんて、恐くてできなかった。 強い自分でいなきゃと、いつも肩に力が入っていた。 そんな私は、働き方を見直すことをきっかけにして 自分の思いに向き合うようになりました。 ・弱さを誰かに見せる勇気(STEP1) ・周りの
堤 ゆかり
3

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その7

講師業を始めるにあたり、人生で初めてブログを開設しました。 私のことを知ってもらって、未来の生徒さんに出会うきっかけを作りたくて、 ライフスタイルや仕事のことを書き始めました。 最初は、本当に手探り状態。 でも、知ってもらわないことには何も始まらないので、毎日書き続けました。 結果としては、仕事も軌道に乗って、 1年で150名以上の方に出会うことができました。 でも、それと同じくらい、いや、それ以上
堤 ゆかり
3

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その6

自分の気持ちと向き合い自己対話できるようになってきたものの、 子どもの頃から染み付いた八方美人マインドは、そう簡単に消えません。 でも、そんな自分がバカバカしく思えた、とあるエピソード。 今回は、そのお話をします。 OLを辞めて、独立。 副業で取り組んでいた物販ビジネス(バイマ)1本で収入を立てていましたが、 新たな収入の柱をつくるべく、これまでの経験と知識を活かして 物販で副収入を得る方法を教える
堤 ゆかり
1

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その5

こうして私は、弱さを誰かに見せる強さを得たことで、 うまくストレスを発散しながら、仕事を卒なくこなしていきました。 それから、彼とは2年付き合って、2012年に入籍! 幸せを感じる穏やかな毎日を過ごしていました。 ですが、私を待っていたのは新たな”葛藤”でした。 結婚式を無事に終えて、28歳。 入社して3年目を迎える頃のことです。 思い入れもありそれなりに一生懸命働いていたのに、 急に店舗の異動を言
堤 ゆかり
1

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その4

それからというもの、ごく限られた人にだけですが、 でも少しずつ確実に、”自分を出せる”空間ができていきました。 転職活動を経て事務職として入社した会社で5年弱も働き続けられたのは、 「自分の思いの言語化能力が上がったから」だと確信しています。 来店型の保険代理店に勤めていたので、配属は店舗。 何度か店舗の異動を経験しましたが、毎日顔を合わせるメンバーは 少なくて6名、多くて40名ほど、という環境でし
堤 ゆかり
1

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その3

後に結婚することになる彼と出会ったのは、 ストレスで心の病を患い、休職している頃でした。 自分の弱い部分や悩みや愚痴を誰にも言わず 今まで生きてきた私は、当時のしんどさも誰にも言えませんでした。 だけど、彼には不思議と、仕事の悩みを話すことができたんですよね。 出会って間もなくてお互いを知らなかったから、 その程良い距離感も良かったと思うし、 何より彼が持つ優しさや誠実さが、私を安心で包んでくれてい
堤 ゆかり
2

口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その2

大学時代から憧れていたブライダル業界への転職を叶え、 忙しいながらもやりがいを感じる日々を送っていました。 ▶︎参考記事 専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 それなのに、心のバランスを崩してしまった私。 適応障害と診断された私は、休職を余儀なくされました。 確かに、労働環境が厳しかったのは否めません。 出勤時間前にミーティングが行われ、 帰りは終電近くになることも少なくなくありませんでし
堤 ゆかり
2

口下手で八方美人だった私が、「思いを伝える力」をつけるまで その1

・自分の意見を言う ・自分がいいと思ったものを相手に伝わるように説明する ・大人数の前で喋る 私は今まで、「人に何かを伝えること」が本当に苦手でした。 人にいきなり意見を求められると言葉に詰まってしまうし、 ありきたりで無難なことしか言えず伝えるのが下手で、 自分の考えをバカにされないか・批判されないかが怖かったし、 Aランチを食べたくても、みんなに合わせてBランチを頼んでしまうような、 そんな八方
堤 ゆかり
1

バチェラージャパンVol.1終了。

日本初のバチェラーを見てプライベート、仕事について考える。 今回は「バチェラー」にハマったアラサー男子が感じた事をプライベート、仕事に絡めて話をしていく。 Amazonプライム限定で配信されている「バチェラー」 海外では多くの国で放送され、人気を博しているリアル恋愛ドラマだ。 日本で初公開されるとの事で広告CMもされ話題になっている。かくいう僕は無関心だったのだが、SNSに女性が投稿しているのを数回
岡崎 秀哉
3

支配人Tの本気。どんどんドンペリ♪

10月。 15日(ナンバー中間発表日)の営業終わり。 支配人『お疲れ~♪流川さ、最近調子いいんじゃない??俺も負けてられないわw』 流川『お疲れ様です。そうですか!?ありがとうございます。 少しはできるようになって来たんですよ!支配人のお陰っすw』 支配人『俺より代表のおかげやろー?新人戦の時に色々教えてもらったことが 今できて来てるってことやろーね♪Bには負けんなよw俺は流川に負けないから(笑)』
流川 ゆ
8

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

作品は今後Istanbul,Moskcow,Madrid,Dublin,Aarhus,and Lodzなど世界各国で展示されます。 2017年4月18日 今年のカッセルダミーアワードのショートリストの発表がありました。 http://fotobookfestival.org/kassel-dummy-award-2017/ 世界各国からの応募総数約300冊の中から今年は49冊の作品が選出されました。
小川 詩織
7

STORYS.JPには沢山の『自分について・自分の考え』のストーリーが投稿されています。あなたも、自分の考えや自分についての事を、ストーリーとして投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

自分が考える事・自分について 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!