キャリア・転職

キャリア・転職

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリア・転職のタグが付いたストーリー一覧 1002件

第3話 荒れる海で眼鏡を回せ。

「オンデーズを再生するには、この回転すし店と同じようにならないとダメだな・・・。」 「回転すしのお店と同じにですか?」 本社のほど近くにある回転すし店。僕は、長尾貴之(現東南アジアRM)、近藤大介(現情報システムGR)と3人で、少し遅い昼食を食べながら話していた。 長尾と大ちゃんは僕が20歳の時に埼玉県の上福岡市で、小さな漫画喫茶を創業した時から一緒に仕事をしていた創業メンバーで、買収以前に経営して
田中 修治
112

鬱で歩行すら困難だった失業者が「進撃の巨人」に感化され1人起業した話

こんにちは! 天空を目指し突き抜けるかのようにそびえ立つ巨大な大阪名物 「あべのハルカス」 が見える場所に住んでいる SYU1 といいます。 現在私は時間や場所にとらわれずパソコン一台で自由に稼ぎ大好きな音楽を趣味でやりながら ノマドロッカー というスタイルで生活しているのですが、 今日は私がそんな生活に至ったきっかけを映画風にまとめながらお伝えしていきたいと思います。 これは会社勤めをしていたごく
Syu 修
4

障害者支援の会社で「利用者として働いていた」時の話

就労継続支援A型とはご存知でしょうか? 多分知らない方のほうが多いかと思います。 「障害者にその都道府県の最低賃金を保障して、障害者も仕事ができる」 というなんと親切な会社なのだろう。 と思うでしょう。 最近だと私の住むところの近くだけではなく、全国的に就労継続支援A型の会社が増えています。 実を言えば、私は現在、3つ目の就労継続支援A型の事業所で働いているところです。 というか、二十歳で専門学校を
宮城 ハナ
7

震災復興のオモテとウラ

起業家率ワースト県 いわての現状 これが現実。 新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン] によると、 ぼくが住んでいる岩手県の起業家数は 2012年時点で、8700人で見事最下位。 起業家数だけではなく、 新設法人率も毎回 下からTOP5。 さらに廃業率も高い。 震災復興として 多くの人や企業が被災地を訪れ、 事業を展開していったものの この1年でほとんどの企業は事業を撤退し 突然の
佐藤 勝一
5

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 9

工事部から内勤に異動した私 正直、ここでも辛い思いをした。 なぜなら、当時の風習として 工事部から内勤の異動というのは 「現場が辛くて逃げ出した人」 というレッテルを貼られるからだ。 内勤でしか仕事をしたことがなく、 週6日出勤・体力仕事の現場の辛さを知らないくせに 現場から異動してきた人を指差し 「あいつは逃げ出してきたから」 と大口を叩く先輩が腹立たしくて仕方なかった。 本当は私は会社を辞めたか
井上 美結
14

ドブネズミが90日で社長になった物語【第5章】

歯車という”洗脳” 序章→ 第1章→ 第2章→ 第3章→ 第4章→ 居酒屋のバイトを経験して、「このままだと労働だけで人生が終わる。」 僕は徐々にそう確信するようになっていた。 会社には色んな上司がいたが、僕が憧れる上司は1人もいなかった。 ほとんどの上司は、自分の仕事に誇りなんて持っていなかった。 そりゃそうかもしれない。 もし僕が野菜部門の部長になったとしても、 「野菜を売ることに誇りを持ってい
黒田 拓也
12

理想の仕事も、理想の結婚も、「コレ」を本気で考えたら見つけられたという話。

ご挨拶 初めまして、川口美樹と申します。本題に入る前に、簡単に自己紹介をさせてもらった方が、この後の話がわかりやすいと思いますので、ちょっとだけ経歴をお伝えしますね。 僕は24歳まで芸能界で俳優を志して活動していました。もともと高校までバリバリの進学校にいたのですが、何を思ったのか日本大学の芸術学部に入学し、そのまま芸能界に入りました。 ただ芸能界の独特な文化に馴染むことができず、様々な経緯を経て独
Kawaguchi Yoshiki
39

21歳で起業した元社畜のドブネズミ【序章】

僕はドブネズミのような人間だった。 僕はドブネズミのような人間だった。 世間一般の常識も知らなければ学歴も特技もない。 奴隷のように働かされ、自分を出せば否定され、夢を語ればバカにされた。 他人の言うことを全て従う機械のように生き、 人間ではなく、ドブ川のような社会の底辺を這いつくばって生きる人間だった。 そんな僕も、今では一つの会社の社長となってしまった。 そして誰よりも自由な生活を手に入れた。
黒田 拓也
8

僕は社会人に出て無能だと気づいた

僕は社会人に出て無能だと気づいた 1991年、僕は生まれた。 いわゆるゆとりと言われる世代だ。 しかし、家庭はゆとりにあふれたものではなかった。 機能不全家族 今思えばこれだったのだろうと考えられる。 親が毎日喧嘩ばかりしているため小学生時代は外に 遊びに行き、家にあまり寄り付かなかった。 中学生になり、あまり外に出る機会が少なくなると 僕は親の顔色を窺うようになっていた。 兄がおり、そのことで母親
もとき ごう
4

売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSが10年間で売上200億,世界10カ国に進出するまでの話。

【第1話】1.4tの砂利を積んだ2tトラックのハンドルを握る。 2008年1月 東京では新幹線のぞみの喫煙車両廃止に続いて、タクシーでも全国で全面禁煙が実施され、愛煙家には一段と肩身の狭い時代に入りつつあった。この頃、当時の僕と言えば、今では信じられないくらいの超が付くヘビースモーカー。そんな世間の風潮など、どこ吹く風とばかりに、ポケットの数だけタバコを洋服に詰め込んで、禁煙ブームなど我関せずといっ
田中 修治
331

22歳の女の子が現場監督として働いて見た、建設業の現実と問題 8

Aさんからの嫌がらせが始まって 1ヶ月以上 この時の私は精神的にボロボロで 「ただ頑張ってるだけなのに なんでこんな目に会わなきゃいけないんだろう」 「女性として生まれてこなければ こんなことにならなかったの?」 「女性に生まれてこなければよかった」 そんなことを自問自答をする日々が続いていた。 女性だからって珍しがられることは別に問題じゃない 女性だから色目を使われることも仕方がない ただ、メール
井上 美結
18

40才からの成り上がり

社会に出てからのこの約20年、一体ボクは何をしてきたのだろう? 「誰かを幸せに出来たか? 」 「誰かの役に立つことが出来たか?」 「自分がこの世に生まれてきた証をなにかひとつでも残せたか?」 平成25年7月10日、ボクの親父は睡眠薬を飲み川に飛び込んで自殺した 63才で、自分の人生を終わらせる決断をしたのだった 死ぬ前に、母親の携帯に電話があったそうだが、母親は冗談だと思い、取り合おうとはしなかった
佐藤 龍星
29

街のダニからグローバルエリートへ ~グレて高校中退。警察官から「街のダニ」と罵られたチンピラがオックスフォード大学院に入るまで~

高校中退、日雇い派遣、路上スカウト、キャバクラの黒服、ホスト等を経て荒れた生活を送るも、一念発起し、渡米。 アメリカ西海岸の名門カリフォルニア大学を卒業し、グローバルコンサルティングファームで経営コンサルタントとして働き、Times世界大学ランキング1位のイギリスの名門オックスフォード大学の経営大学院でMBA(経営管理学修士)課程に入学。 人生の中で様々な「知」に触れ、成長していく軌跡。 私の人生の
竹田 譲
94

DVから逃げてシングルマザーでホームレスになったけど、3年後には〇〇を勉強して人生を大逆転させた話。

この体験を書いた理由 私は、2人の子供がいる、シングルマザーです。 3年前の今日はホームレス状態でした。 今はとても幸せですが、過去の話は思い出すのも辛いです。 しかし、私の体験してきたことを公開することで、誰かの励みや、何かに踏み出す勇気になるかもしれないと思って、書いてみることにしました。 辛かった元旦那からのDV なぜ、そうなってしまったのかというと、元旦那のDVから逃げたからです。 親や身内
花城 ひなの
205

ブラック企業に残業代請求した話④

これで決着です。 労基所から電話が掛かってきた・・・ ワシ も・・・もしもし・・・ どうっすか・・・ 労基所のスタッフ 行けました!!社長は調査の話したらすぐに折れましたよ~♪ ワシ 神か!!ほんとうにありがとうございます!!!! 労基所のスタッフ 後日XX万円が口座に振り込まれるので、確認してくださいね♪ ワシ ありがとう・・・ありがとう・・・ 半分泣いていた。 後日無事口座にXX万が振り込まれて
ごまっころ みいみい
8

STORYS.JPには、キャリアのヒントにもなるような沢山のストーリーが投稿されています。あなたも自分の『キャリア・転職』に関するストーリーを投稿してみませんか?多くの人があなたのストーリーを待っています。

キャリア・転職 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!