人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2818件

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(4)危機感2 仕事がつまらない

 まず、誤解無きよう書いておきますが、私の仕事は非常にやり甲斐のあるものでした。そして、私に本当に多くのことを与えてくれました。32歳で転職してからの10年間馬車馬のように働いた経験は、いまでも人生最大の財産だと思っています。しかし、30代も後半にさし掛かるにつれ、仕事が面白くなくなっていったのです。その理由は、 大概のことはできた、からです。 もっと正確に言えば、 「本気でやれば」大概のことはでき
Keiji Aoki
2

立ち直った26歳③

 頼れるものに頼ればいい 私は、友達や家族に助けを求めることをこの歳まで恥ずかしいことだと思っていた。 僕は友人である一人から、大切なことを教わった。 母が亡くなったあと、その友人と映画を見に行った。 別れ際に、僕はそのことを友人に伝えた。そして、その日から毎週1回家に遊びに来てくれた。 普通のことのように思うが、僕はそれでどれだけ救われたか、その友人は週に1度しかない休みを 使って来てくれていた。
Kouichi Sato
3

♪あるがままって難しい?でも…

♪こんにちは。 現在、会社を休職しています。 昨年まで順風満帆だったお仕事。 正確に言えば、人間関係も仕事の 内容にも慣れてきた頃、 年明けともにやってきた「変化」の 波に”乗る”事ができず、 徐々にその影響がでてきました。 まず起きたのは身体への”合図”。 早朝覚醒(2時頃に目が覚めて、 そこから寝れなかったりする)と、 ”腹痛”が生じました。 ストレス反応で感情的な辛さを感じても、 「俯瞰」「客
もんま けんいちろう
4

バチェラージャパンVol.1終了。

日本初のバチェラーを見てプライベート、仕事について考える。 今回は「バチェラー」にハマったアラサー男子が感じた事をプライベート、仕事に絡めて話をしていく。 Amazonプライム限定で配信されている「バチェラー」 海外では多くの国で放送され、人気を博しているリアル恋愛ドラマだ。 日本で初公開されるとの事で広告CMもされ話題になっている。かくいう僕は無関心だったのだが、SNSに女性が投稿しているのを数回
岡崎 秀哉
3

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

作品は今後Istanbul,Moskcow,Madrid,Dublin,Aarhus,and Lodzなど世界各国で展示されます。 2017年4月18日 今年のカッセルダミーアワードのショートリストの発表がありました。 http://fotobookfestival.org/kassel-dummy-award-2017/ 世界各国からの応募総数約300冊の中から今年は49冊の作品が選出されました。
小川 詩織
7

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

 実は私が以前働いていた会社には、数人の外国人社員がいた。アメリカ人、スコットランド人、イタリア人。そして、英語が話せる社員も多数。更に、クライアントも外資系やや多め。何故か「英語縛り」の会議に巻き込まれることもしばしば。CCに英語のメールが入ってくることなど日常茶飯事でした。一方、私生活においても、なぜか英語が話せる友人ばかり。中には帰国子女もいましたが、基本的には社会人になってから必要に駆られて
Keiji Aoki
6

立ち直った26歳②

 心に何もなくなるまで落ち込む 一見すると落ち込むことは、悪いことのように思う。 「いつまでクヨクヨしているんだ、早く立ち直れ」とよく言う人がいるが、 僕はだいたいの期限さえ決めれば、思いきり落ち込んでもいいと思っている。 そして思いきり落ち込んだあとには、そのことにも飽きてきて何かしたいという気が起きるはずだ。 厳しいことを言うかもしれないが、 何年もかけて立ち直れないのは、落ち込み方が足りないの
Kouichi Sato
5

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

私は現在都内の企業で働く25歳。 2年大手化学メーカーに勤めていたけれど、5月で退職し転職することになった。 その理由はひとつ。自分の居場所に違和感を感じたから。 同僚や先輩もいい人ばかり。辞めると言った時も、「自分にとって一番いいと思う選択を」と親のように心配しながらも最後は背中を押してくれた。 仕事内容はいわゆる若いうちから活躍できる環境、裏をかえせば責任やら仕事量やらが多くて、やりがいを感じる
ハロー ハロー
8

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

前回までは、僕が「やせる」までの ストーリーを語らせていただきました。 しかし、 それを「人に教える」、 という発想までには至っていませんでした。 やせて自分に自信が持てた! 人生が輝いている! 状態になったとは言え、 「本当は自分が何をしたいのか?」 「本当は自分は何をするべきなのか?」 ということに悩んでいました。 大学を卒業して就職した先は、 ソフトウェア会社でしたが、 それはあくまで大学の専
星野 隼翔
6

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

■2012年 やせるのは実は簡単だということに気づいた 翌年2012 年、そんな時、 僕を変えた運命の2冊の「本」に出会います。 当時はその本を買うのにも本当にお金がなくて、 たかだか千数百円の本を買うのにも 躊躇(ちゅうちょ)するほどでした。 しかし、その「本」に何か惹かれるものがあったのです。 そして、思い切って買ったのです。 それらを読んで衝撃が走りました。 僕の観念、概念というものを変え、
星野 隼翔
9

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

僕が自信をつけて、 普通に彼女ができるようになった矢先、 「本当の試練」 が起こります。 ■本当の試練の始まり そんな時期、僕は当時付き合っていた彼女Yに急に呼び出されたのです。 当時、まだ付き合って日も浅かったのですが、 僕は彼女Yのことが好きでした。 その日も、急な呼び出しでしたが、 彼女に逢える喜びで、ウキウキしていました。 ところが。。。 会った彼女Yは、暗い顔をしていました。 僕も、そんな
星野 隼翔
7

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

■幼少期 何も考えないポッチャリ系 幼少期、僕は 元々は食べるのがでした。 (でも、食べるのは今でも大好きです(笑)) 牛乳大好きでよく飲んでて それを見ていたおばあちゃんが たくさん牛乳を買ってきてくれたので ますます飲むようになりました。 それでどんどん プクプク ポッチャリ してきましたね(笑) 小学校低学年の頃は 同年代の子達と比べて太っていて、 クラスで3番目に太っていました。 体育の授業
星野 隼翔
5

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

折角、陸上選手に選ばれたのに、 中学校ではまた元通り。 しかし、ここで転機が訪れます。 ■高校生 憧れ・恋は人を変える ある日、高校生の頃、前々から興味のあった天文部に所属しました。 そこで綺麗な女性の先輩に会います。 彼女を、O先輩、としましょう。 いわゆる 「一目ぼれ」 というやつをしました。 実は中学校は男子校だったので、 女性と言えば、先生くらいのものでした。 しかし、初めて 『こんなに綺麗
星野 隼翔
6

「バチェラー」から学ぶ。「相手のどこを見るか」

バチェラージャパンをアラサー男目線で。 恋愛において「相手のどこを見るか」 これが今日のテーマである。 現在、Amazonプライム限定で配信されている「バチェラー」 海外では多くの国で放送され、人気を博しているリアル恋愛ドラマだ。 日本で初公開されるとの事で広告CMもされ話題になっている。かくいう僕は無関心だったのだが、SNSに女性が投稿しているのを数回見て、思わず見てしまった、というわけである。
岡崎 秀哉
4

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

女の子とお酒飲んでお金貰えるなんて最高だな! 華のキャンパスライフに憧れ入学した中央大学。 留学もしよう、公認会計士の資格も取ろう、宅建も取って、中国語もマスターするために語学は必修が多いコースを選択しよう……などといわゆる意識高い系だった僕の夢は、結論から述べると全て叶わなかった。 多くの大学生がそうであるように実際は新入生歓迎会という名の飲み会に明け暮れ、どんどんと自堕落な方向へと流されてしまっ
柳 俊
58

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!