人生が変わったキッカケ

人生が変わったキッカケ

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わったキッカケのタグが付いたストーリー一覧 2859件

今の現状について iti

焦っています 苫米地英人さん著『D.r苫米地式資産運用法なら誰もが絶対にrichになれる!』という本をご存知でしょうか? https://www.amazon.co.jp/%E6%80%9D%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%AB%E3%81%8A%E9%87%91%E3%82%92%E9%9B%86%E3%82%81%E3%82%8B-Dr-%E8
登 淳也
3

18話 最後に

航空会社へメールを送って、1週間ぐらい経ちました。 日本に帰ってきてたくさんの友人に経験を話して、気持ちもすっきりしたころです。 メールが返ってこないのでもうお金は戻ってこないかな? ま~別にいいけれど~と、思っていたころでした。 諦めたわけでもないけれど、執着しているわけでもない。 そんな状態のころに銀行から電話がありました。 「海外からの送金がありますけれど、これはどういったお金でしょうか?」
三条 翔也
4

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

現在 (2017年) インドネシアから来ました。25歳です。 私は子供の頃から、日本のことずっと憧れて、 「いつか絶対に日本で働く!」という夢がありました。 今は東京で働いてて、文化の違いとか辛いことがあっても、毎日笑顔で頑張っています。 高校時代。 元々性格明るくて、いつもポジティブな考え方持ってる子でしたが、 高校生になった時、全てが変わりました。 高校生の私は、デブだったし、いじめられっ子でし
ジェシカ メイリナ
6

17話 帰国

成田空港で荷物をピックアップ。 さらにeTAの返金を受けることについての説明を受けました。 そして、文句を言うサンジョー。 しっかり聞いてくれました。 全然関係ない航空会社の人が!! どんだけいろんな航空会社巻き込んでいるんだ!!!?(笑) サンジョーも荷物を持ってきた人がこの人だからこの人に言うしかありません。 いろんなことを確認してもらって、2つの回答をもらいました。 1つ目。 ルールとして荷物
三条 翔也
5

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

世間は東京オリンピックに向けて盛り上がっていますが、これは10年前、北京オリンピックに向けて中国が盛り上がっていた頃のお話です。 当時、私はアメリカのコンサルティング会社で働いていました。思えば、ある日いきなりボスがアジアの責任者になり、 Boss 中国オフィスで人を雇うから手伝って と言われ、人を採用するところからこの地獄は始まりました。 初めて北京に降り立ったのは、2007年春。当時、中国とイン
D Yuri
24

現状を打破したい、ワンランク上を目指したいヒトが頭に入れておくべきこと。

目次 ・「恒常性」とは ・カラダにおける恒常性について ・メンタルにおける恒常性について ・ヒトが成長するには ・ワンランク上に行くには「筋トレ」 「恒常性」とは 今日は現状打破、ワンランク上にいくヒントについてお話したい。 「もっと良い人生を送りたい、もっと人間力を高めたい」、そんなヒトのヒントになれば嬉しい。 「ヒトは死に向かって生きている」 なんだか、大げさで逆説的な表現であるが間違いない事実
岡崎 秀哉
3

3.「声」を変えると手に入る3つの技術

声を取り戻すと同時に、私は子どもの頃からずっと抱えていたネガティブな感情からも解放されました。   そして、管理職時代は厳しい上司として怖がられ、近づきにくかった私が、誰にでも自分から「笑顔」で話しかけるような性格に一変することができました。   顔の表情筋まで変化し、?の筋肉がまるで三角筋のようにしっかりとニコヤカになり、見た目の印象まで違ってきました。自然に周りの人との関係もうまくいくようになっ
神剣 美歌
8

2.「心と声」のつながりを知ったあの日(2)

そして、私はそれまでの人生でずっと、「何を聴かれても2番目以下のことをハキハキと答える人」になっていたのです。  1番大切なことや、1番伝えたいことを否定されることが恐ろしくて、飲み込んでしまっていたのです…。   つまり「心の在り方」の問題だったのです。だから、ただの発声技術だけを教えるボイストレーニングでは、治すことができなかったのですね。   私が学んだことを正しく使えば、かつての私のように「
神剣 美歌
11

1.「心と声」のつながりを知ったあの日(1)

音楽が好きで歌うことが何よりも好きだった私は、憧れの音楽業界でAVEXに入社し、管理職として多忙な仕事を続けるうちに摂食障害となり、その後遺症から「歌唱時発声困難症」となり声を失いかけました。   もとの声を取り戻そうと、何人ものボイストレーナーを訪ね歩きました。 しかし、指導されることを素直に懸命に試すのですが、どうしても声が裏返ってしまうのです。 何人ものトレーナーに「力まないで」と言われました
神剣 美歌
13

16話 乗り継ぎは苦手

帰りはコペンハーゲンで乗り換え。(行きもその予定だったけれど) 乗り換え時間は40分しかない。かなり短い。 最低乗り換え時間は30分と聞いていたし、コペンハーゲン空港はそれほど大きな空港じゃないから問題ないとのことだった。 サンジョーは40分と思っていたが、確認してみると50分あった。 なんだ、余裕じゃん♪ と気が大きくなるサンジョー。 乗り換えのコペンハーゲン空港をのんびり歩く。 こんなお店あるん
三条 翔也
5

32歳で「ものかき」として生きていくと決めた。会社を辞め、東京を離れ、33歳になった僕は今、こんな風に生きています。

ごあいさつ  どうもはじめまして、ものかきの狭井悠(Sai Haruka)です。  以前、STORYS.JPで村田悠(Murata Haruka)という名前でエッセイを書かせていただきました。  母の再婚した義理の父が事故死した当時のことをつづったエッセイ 《突然の望まない「さよなら」から、あなたを守ることができるように。》 が多くのアクセスをいただき、とても勇気付けられました。  こちらのエッセイ
狭井 悠(村田悠)
16

15話 さらばアイスランド

バスにはWi-Fiがついていた。 Wi-Fiを接続してメールを見ていると、バッグについてのメールが来ていた。 荷物を成田のどこの航空会社で受け取りたいのか聞かれているようだった。 もうそろそろアイスランドを出る。友人にお願いしても間に合わないかもしれない。 そこで、がんばって自分で英語のメールを書いて送る。 多分、メール相手はいきなり英語が簡単で短いものになって驚いただろう(笑) 帰りの便を伝えて、
三条 翔也
6

14話 空港へ

最終日の朝、天候には今日も恵まれていた。 アイスランドには愛されていたんだと思う。 やっぱりまた来よう。 送迎バスの手配をしてある。6時。 6時30分とサンジョーは言ったのに6時と言われた。やはりアイスランド人は30分前行動なのだろう。ま。いいけどね。 そんなわけで5時50分ごろに部屋を出てチェックアウト。 バスを待つ。 やはり今日もバスが本当に来るのか不安だ。 これで来なかったら間に合わない。 と
三条 翔也
6

13話 実質的な最終日

今日も現地ツアー。英語ガイドツアーだから昨日とは少し違う。 朝は曇っていたけれど、晴れてきた。 天気がコロコロ変わるのがアイスランドという国らしい。 朝曇っていてもテンション下げなくていいのはいいね! 逆にテンションダダ下がりになることもあるかもしれないけれど(汗) 今日は泊まっているホテルまでバスが迎えに来てくれる。 30分前に待っていてくれと言われている。 早いな~アイスランド人は30分前行動な
三条 翔也
7

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~【最終回】

【 大学受験を乗り越え、起業の道へ。】 奇跡が起きた。 なんと、翌年の春、一浪の末、 大学に合格することができた。 体の震えを押し殺しながら、勉強を再開出来たのは11月。 そこから延々と泣きながら、相変わらず全力で歌いながら、 高1の内容から勉強しなおした末、 唯一、1校から合格通知が来た。 まさか合格出来るとは思っていなかった。 もう無理だと思っていた。 本当に信じられなかった。 初めて嬉し涙を流
平山 真康
30

皆さんは、『これは人生を変えるキッカケだったな』というストーリーはお持ちでしょうか? STORYS.JPには沢山の『人生が変わったキッカケのストーリー』が投稿されています。 1人1人の個性的な人生のストーリーを、少し覗いてみませんか?

人生が変わったキッカケ 書きかけのストーリー

詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!
詳しく聞きたい!