味方と見えてほとんどが敵だったバイト時代   その1

1 / 4 ページ

【平和なリハビリバイト篇】

 




このストーリーは他のストーリーの外伝的な位置づけですので、

他のストーリーを見終わってからの方が、

しっくりくると思います!!

それをご了承頂いて上でお進みください(⌒▽⌒)



僕がやっていたのは公的な仕事と言いますか、

そんなバイトです(ニュースにも取り上げられる内容)



この頃はまだ、完全に復調というわけではなく、

若干病んではいたので、

復調のつもりで始めたバイト。



会社の人が知り合いでもあるので、僕が長くやるつもりが無いのを、

分かってて


「ひゆき君のリハビリとして使ってくれて良いから」


優しく声をかけて面接パスで雇ってくれました。

感謝。



やることはほとんど昔のままだったので、

すんなり仕事に入ることが出来、

任せてもらえることも多かったです。




幸い知っている人もまだ何人かいらっしゃったので、

その辺も助かりました。



みなさん、僕が病んだことも知っていたので、

何も聞かずに受け入れてくれました。

感謝。

みんなの読んで良かった!