図書館員から独立へ~自分で仕事を作る その1~

【藁にもすがる想いで掴んだ一筋の光】

 今回のストーリーは今現在に続くものになっています。

 一番近い過去のことを語りながらやっていこうかな。



 自律神経失調症を克服したひゆきは、

 藁をもすがる想いで、就職先を探します。


 

 本当にどこを受けても全く受からなかった時期ですね(^_^;)

 30社は落ちているかなと。

 

 だから、お金も無くなってきたので、
 バイトも探しますけど、決まらない。

 書類で通っても面接で落ちる。



 さすがにネガティブになりましたね~。

 それも、


 親に借金が割とあった




 頑張れば返せる額なので、大丈夫なんですが。

 ちょっと衝撃でした。


 祖母がせびっていたときもあるので、
 小さい積み重ねがあって、どかんと来た感じですね。

 親戚の圧力なども多々ありました。


 人知れず自分が病気になったことが申し訳なくなって、
 隠れて泣いていました。

 

 あるとき、また精神状態がまいってきたときに、
 昔、バイトで知り合った人にメールをするんですね。


 その少し前に飲み会で、その方が


「今、図書館で働いているんだ~」






藁にもすがる思いで、


「何かバイトありませんか?」


そうメールするところから、
僕の人生が動き出しました。



「ひゆき君は詩を書いていたよね? 本が好きならうちで働いてみる?」

その一言で涙が溢れてきました。


「はい、お願いします。」


夜中の寒い空間で僕は口に出して、
頭も下げて携帯電話を握りしめていました。






次に続きます。長くなるかも笑




今のひゆきのお仕事

「スタイリストが教えるお洒落偏差値30からの大逆転オシャレコーディネート」

みんなの読んで良かった!