カタルーニャの記憶

2 / 2 ページ

「おいガキ、これからは相手を見て物を言うんだな」

勝ち誇った顔をし坊主は去った。



「...ふん」

立ち上がり、体についた埃をパンパンと振り払う。

「...」

自分の町で、他人が好き勝手するのはどうにも気に入らない。

一日に2度、無様な尻餅をつかされるのも気に入らない。

しかし、かといって、面倒事にまきこまれるのはまっぴらごめんだ。

きびすを返し帰り始める。

「んっ?あっ!!」

シャツの一番上のボタンが外れていた。

「ハゲに掴まれた時か...」

ぎりりと、悔しがる少年。

「はっ!これがバレたらターニャに殺される」

ぶるぶると、震えだす少年。

「でもなんとか謝り倒せば、命だけは...そうだよな、さすがに命だけは」

額の汗を拭う。

「なんとかなる、なんとかなる、落ち着け」

自分に言い聞かせ深呼吸をする。



ふう、と一息つき落ち着きを取り戻す。

それにしても、どう見たってカタギの人間じゃなかったなあいつら。

オッサンに、ハゲ、赤毛、先ほどのやり取りを思い出す。

だが、問題はハゲだ。

あの野郎、ボタンをどっかやりやがって。事の重大さをよく理解してないな、あいつは。

ふつふつと怒りが湧いてきた。

「...しかし相手を見て物を言え、か。...確かにその通りだぜハゲのおっさん」

そう言うと、ガサゴソとポケットから新たな戦利品を取り出す。

「相手を見て物を言わないと、銃口とキスさせられたり、財布が無くなったりする。......全く世知辛い世の中だぜ」

へへへ、と笑い、手早く財布の中身を改める。

「...50もないな」

少し肩を落とす少年。

怖い上司に、安月給。ブラックだな。...黒服なだけに。ふふふと忍び笑いを洩らす。

「...帰るか」



時刻は夜に差し掛かろうとしていた。

立ち止まり、空を見上げる。沈みゆく夕日を見上げ、知らず、眉間にしわが集まる。

「......」

「......」

「(......ターニャのやつ怒るかな......晩飯抜きってことはないよな。)」

額の汗を拭う。

無造作にポケットに手をつっこみ、歩を進める。

「......」

路地を歩いていている少年の後ろ姿は徐々に小さくなり、

やがて夕闇の中に消えていった。






終わり





あとがき

自分の駄文をここまで読んで頂きありがとうございます。

ここだけ読んでる人もありがとうございます。

むしゃくしゃしたので書きました。後悔はしてません。

汗水たらし、血反吐をはきつつ、まあ楽しんで書きました。

何かしらの反応をいただければ幸いです。


Yasuo

 

28,June,2014







































































カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のOno Yasuoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。