あの日見た空の色を僕たちはまだ描けない 第2話 片思いの高校生活

1 / 3 ページ

前回の続きになります。 



見ていない人は  1話目からご覧ください。







こうして  僕は  好きな人と同じ高校へ 入った。 








でも  すぐに 彼女に会うことはなかった 


てか 会いずらかった 








それには  理由があった。 










すでに   彼女には   彼氏がいたのだ。 








実を言うと  高校へ入る前から 






彼女に 彼氏が いたことは  知っていた。 



知っていたのだが  






さすがに  一緒にいるところを見ると 








ちょっと   悲しくなった。








でも  それも覚悟の上で 








僕は この高校にきたのだ。





ただ 会えれば それで よかったから












それから  何度も 声をかけようと思ったが   






かけることが できなかった。 



なんとか 遠回りしたりして 


すれ違うのが 精一杯だった 笑






というより   もう  2年以上も会っていないし  

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の大森 拓也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。