あの日見た空の色を僕たちはまだ描けない 第2話 片思いの高校生活

3 / 3 ページ

でも  そんな   ある日   事件が起こった。  












間違っていたら ごめんなさい 




もし私のことが好きだったら  彼氏がいるので  




気持ちには 応えられない  と    






メールが来た。





衝撃的だった




僕は すごいショックを  うけて 



死にそうだった






瀕死状態が 長く続いたが 


なんとか 耐えることができた 











確かに僕は  彼女のことが好きだった。




だから この高校に来た









でも  不思議と




付き合いたいとかは  思っていなかった






ただ  メールしてるだけで  






僕は 幸せだった。 














それだけでよかった  






それ以上は 望んでいなかった。 












でも  それ以来は  






メールをすることもなくなってしまった。 




・・・次回に続く







著者の大森 拓也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。