昔の実家(心霊体験?)

1 / 4 ページ

子供の時にみた幽霊の話。

初めてストーリーというモノを書いてみます。


昔住んでいた実家はわりと古かった。築5,60年くらいかな

空襲で焼け残った家屋とも聞いて入るが真意のほどはよくわからないけど。

区画整理のために取り壊され今では立派な商店街のイベントスペースと化している。




そんな昔の実家は3階建てだった。


1階がお店(おもちゃ屋)と玄関とキッチンと居間

2階は倉庫(と勉強部屋)

3階は寝室とゲーム部屋。(友達は屋根裏だと思ってたみたいw)



ゲーム部屋の先はアーケード商店街を見下ろせる小さなベランダになってた。いつもベランダの手すりはハトが止まっており、よく手すりを汚していた。

(社会で働くようになって今更だが、「家帰ったら親がいる」って状況に感謝だなーと振り返りながら思う)



そのときはゲーム部屋でFF6をしていた。ラストのケフカ戦に向けて息巻いていた。


FF5の時は漢字が読めず父親に手伝ってもらったが今回は自力!!



むげんどうふのコマンドにも慣れてきたところで、グランベヒーモスとエンカウントした。

ATBゲージがたまり、コマンドを選ぼうとした所


ふと、テレビの脇にあるガラスケースの市松人形に目が行く。

物心ついた時からずっとソコに鎮座してある人形だ。(今にして思えば。かなり不気味。)



「何だろ?」って思った瞬間 なぜかいつもは気にしないベランダに目を向ける。


ハトが居ない・・・!!


夕方のこの時間。いつもならいるはずのハトが居ない。いつも手すりを汚すハトがいない。


なんとなくどんよりとした空気が漂う。なにより商店街から聞こえてくる雑踏が全くない。



怖い雰囲気をグッと我慢し、「気のせいだから!とラストダンジョンだから!」と奮い立たせテレビの方を向く。


え・・・・?


その時、後ろにスゴくいやーな気配を感じた。

みんなの読んで良かった!