玄人には絶対に書けない、ど素人が書いた新ウイルス論

1 / 4 ページ

せんせい~私のオツムがぁ~


ふうむ、アナタの脳にはウイルスが登っていったようですね。


え? 登ってきたの・・ウイィ~~

きみ、呑んでるね。

は、いえ、あの・・・ウイルスにやられちゃったんです・・・コレでも・・


まだ、登ってきたウイルスに冒されないうちに、、

玄人には絶対に書けない、ど素人が書いた新ウイルス論



悪乗り(酔いじゃないのか?)して「ウイルスの存在する理由(わけ)」

以下は個人的な妄想論ですので、ご理解とご鞭撻を。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

細胞に目印をつけてから始めよう

  ド素人が考えたウイルス有用論 (妄想論と言う人もいるが)


身体の中の細胞すべてにウイルスが浸食しているわけではありません。

まず特定の細胞に侵入して、そこで増殖してから、さらに新たな細胞に侵入するという意味は、先ず特定した細胞の中身が問題です。

普通の状態の細胞にはウイルスは侵入しない、侵入できないのです。


特定の細胞だけに侵入してその細胞の情報を読み取り、同じ性質の細胞をめがけて侵入して拡散して行くわけです。


では特定した細胞とは何かというと、


毒素の集まった細胞です。


ウイルスの目的は体内清掃夫のお手伝い役の様なものですから、毒素の排除に関わる体内免疫系のお手伝いをするわけです。


要らない細胞、あってはならない毒素のある細胞は体外へ排泄されなければ邪魔になります。

その様な毒素の集まった細胞は血液の滞りや循環を妨げて各機能を低下させています。ある程度集まった毒素が局部に集中して細胞毒が、例えば心臓や肝臓などの臓器の活動を邪魔をします。


毒素は臓器の周囲には集まりやすいので、その周囲の細胞は毒素が多いということになります。


それを生命力の行う浄化作用(免疫力)が毒素排除の活動を起こすわけです。


発熱は毒素を溶かして液状にして体外に運び出します。

出口はいろいろな形がありますが膿状や血液に混じったり、薄いのは水状として排毒されます。

ウイルスの手助けはまず対象となる細胞の性質を読み込んで目印をつけて、特定の細胞のみに侵入するわけです。


そして、細胞を内部から破壊するという手助けをしてやる。

破壊された毒素細胞が膿状となって移動しやすくなるわけです。

みんなの読んで良かった!