日本の企業、全体的にブラックかもしれない話

1 / 3 ページ


   



いいかえると、日本の働く環境自体、ブラックなんではないかという話です。

オーストラリアに来て、そう思いました。

海外かぶれ、そう見えます?笑

いや、世界を知るってことは、すばらしいと心の底から感じてます。すてきなすてきな体験です。


早速ですが、なぜ私がそう感じたか、

オーストラリアの労働環境をお伝えします。


その1. 



時給がべらぼうにいい。

日本人のワーキングホリデーの人がよく始めに働く場所、日本食レストランは、大体時給1500円です。

たまに、アジア系のレストランでは違法で時給1000円くらいのところがありますが、平均1500円くらいだと思います。

オーストラリア人が働くカフェなどでの平均は、2000円くらい。

なので、シェアハウスに一緒に住んでたこっちの友達は、週3日くらい働いて、他は家にいました(笑)

会社勤めになると、もちろんもっとです。


その2.



日本でいう正社員もしくは契約社員にあたるフルタイムでは、


1年間に1ヵ月の休み

が取れます。

しかも、有休です!!!!

オーマイゴッドです。

私がそれを知ったとき、

えー!えー!えー!私の当たり前ってなにー!ちっぽけー!不公平ー!!

と、めちゃめちゃめちゃ衝撃を受けました。その時に、だいたい、海外で生きていくことを決めた気がします。単純(笑)

私は英語学校に通っていました。他の国の友達や、他国の情報に興味のある旅行好きの英語の先生によると、

日本での有休、「連続10日間とれてめっちゃラッキー!最高!」となるのは、「クレイジーだ」(訳すと「ありえない!」て感じですかね)とのことでした。

日本は、世界的にも有休が少ない国のようです。

ちなみに!!!

職業にもよりますが、有休を1ヵ月続けて使うことも可能です!!!

みんなの読んで良かった!