パパが仕事を頑張れる理由

1 / 2 ページ

私のお父さんは今単身赴任中です。

今は単身赴任中ですが、元々は家族で転勤族をしていました。

私が生まれた時は香川県にいて、高知に移って、また香川に戻って、横浜にきました。

私は幼稚園に3つ行きましたが、それが普通のことだと思っていました。小学校も途中で1度転校していますが、それが普通だと思っていました。

途中でみんなには「幼なじみ」というものがいると知って、びっくりしたくらいでした。


パパは(お父さんなんて読んだこと無いのでこれより先はパパと書きます)私が物心ついたときから仕事がずっと忙しくて、出張やらなんやらで帰ってくるのは週に数日でした。

帰ってきたとしても終電で帰ってきて早朝に出て行ったり、ひどいときは始発で帰ってきてシャワーだけ浴びてまた出社する、ということもよくありました。

私にとって父親はパパひとりなので、しばらくはお父さんというものはそういうものなのだと思っていました。

夕方の電車に乗っているサラリーマンを見ても、どこかに向かっている途中なのだと思っていました。

電車通学を始めてどうやらこのスーツの人たちは帰宅しているのだと気づいた時には、なんでそんなに早く帰っているのだろうとびっくりしたくらいでした。




パパが今働いている街。
先日遊びに行った時に、一望できる部屋を取っておいてくれていた。


パパは仕事が楽しいから頑張れるんだと思っていた

そんな父の姿をずっと見ていた私は、パパは仕事がとっても楽しいんだと思っていました。かなり小さい頃にオフィスに遊びに行ったことがありますが、その時パパは私にパソコンでぷよぷよをする方法を教えてくれて、なんて楽しいお仕事なんだ!と思っていました。

もちろん途中でパパの仕事はぷよぷよじゃなさそうだと気づいたけど、何にせよこんなに頑張れるってことはきっと毎日笑顔で働いているんだと思っていました。

満員電車で通勤する大多数のお父さんがこの世の終わりのような顔をしていて、満員電車で帰る大多数のお父さんが疲れきった顔をしているのを見ては、うちのパパは幸せだなあと思っていました。そんなパパの娘である私は幸せだなあと思っていました。


でも楽しいだけでそんなに頑張れるものなのだろうか?

途中から少し私は賢くなり、パパはどうしてそんなに頑張れるんだ?という疑問を持つようになりました。

確かにパパの仕事はとっても素敵なお仕事です。パパが創ったものを見ると私まで嬉しくなりますし、そのかっこよさはどんな人にだって負けていないと思っています(もちろん娘補正が入っていることをお許しください)。

でも、それだけでここまで頑張れるものなのだろうか。

今まで何をやっても没頭しきれなかった私にとっては、年がら年中仕事のことを考えていて楽しいだなんてことはあり得るのだろうかと疑うようになったのです。


でも当時の私には、楽しいから頑張れる以外にあんなに頑張れる理由が見つからなかったのです。

去年事故にあってしばらく入院していた時も、会社の人が病室に来た途端痛みでしかめていた顔を仕事モードに切り替えて、動かせない右腕をかばいながら図面を広げて何やら指示を出していました。

ただでさえ毎日仕事に追われているのに、たまの休みの日だってでかけた先で仕事関係のものをみつけると、ぶつぶつ言いながら触ってみたり色んな幅や高さを自分の腕を基準に測ってみたりと仕事脳が抜けません。

就活を目前に控えた私は、パパは運良く天職に巡りあったのだと羨ましく思うようになりました。


私が就活を迎えたある夜のこと

そしていざ自分の就活が佳境を迎え、初めての最終面接の前日。父は単身赴任先から帰ってきていました。

1ヶ月に1度か2度しか帰ってこないのにその時も仕事のことを考えていたようで、自宅のパソコンで調べ物をしていました。

もう家族は寝静まっている夜中にパパが薄暗いリビングで仕事をしている姿を見るのはなんだか久しぶりな気がして嬉しくなり、ブラックのコーヒーをすするパパの真似をしてさほど好きでもないコーヒーを淹れ、何とはなしにパパの周りをうろうろと歩き回っていました。

普段寡黙なパパはチラっとこちらを見て、早く寝ろよ?とパソコンを見ながら言いました。冷たく聞こえるけど、不器用なパパにとっての精一杯の気遣いだと知っている私はうん、とだけ返事をして、iPhoneをいじったりしてみながら少し離れた壁際に座りました。


実は最終面接前に企業の人から、

あなたは今後のことが見えていない。将来どうなりたいの?何がしたいの?

と詰められていた私は、前日になってもまだ答えが出ていませんでした。企業の人には、20年後30年後のことを想像してみたらと言われていましたが、少しも想像できませんでした。

でもふと、パパはそんなことは学生時代にきっと見えていたのだろうと思いました。だから、何気なく聞いてみようと思いました。聞いてみようというよりは、少し愚痴らせてもらおうと思いました。

私は牛乳をたっぷり入れたコーヒーを抱えた膝の上に置いて、家族を起こさないように小さな声で話かけました。


みんなの読んで良かった!