地獄の債務整理体験談 ~闇金、出会い系サイト、出会い系パーティ潜入、風俗で竹の子剥ぎに遭遇、マルチ商法に引っかかる、パチンコ釘師へ転職、パチンコ釘師とは?業務内容暴露、そして借金完済~

1 / 17 ページ

この体験談は事実です。

僕が借金を重ね、債務整理にいたるまでの体験談です。

■第一章 始まり

「ラララむじんくん」のC M が全盛期だった頃。僕は2 0 歳だった。

その頃は大手修理メーカーに勤めており、月収1 5 万、手取り1 2

万だった。

日々の生活費や、ローンなどを差し引くと残りは約4 万位。その金

を増やすべく、

パチンコをやっていた。その頃は、黄門ちゃま全盛期。3 回ワンセ

ットの爆裂機が

業界を席巻していた。会社は大手だけあり、残業はなし。5 時には

退社出来る。

そうなると、暇な時間はパチンコへ。とゆうのが毎日の日課になっ

てくる。

しかし、そううまくいくはずもなく、4 万の小遣いは瞬く間に無く

なって行く。

そして・・・・。給料日前の週末。近所で新装開店の店がO P E N

することになった。

新装開店。必ずでる! そう考えたが、資金が無い。そして、初借金

をしてしまった。

記念すべき1 件目。そう! 「ラララ無人くん」で有名なア○ ムであ

る。

自動ドアを入り、無人のB O X へ。レンタル屋の会員申込みのよう

な紙に、

住所や氏名、家族構成、勤務先などを詳しく書いて行く。書き終わ

ると、モニターの前へ。

ゆっくりとした動きで、機械が動き出し・・・・・

3 0 分後、カードが発行された。このカードで1 0 万円借りれるら

しい。

早速、C D で3 万円を借り入れる。銀行カードみたいだ。

その金を軍資金にしてパチンコ屋へ向かう。新装開店だけあって、

55

朝から6 時間近く並んだ。

そして、1 0 0 0 円投資1 4 0 0 0 円回収。まあまあの結果だ。

次の日、早速借りていた3 万円を返し、借り入れ金は0 に戻った。

しかし、借金はこのあと始まるのだ。

パチンコは日々の日課になっていた。当然、お金がないときはいけ

なかったが、

C D に行けばお金が出てくる。次の給料日に返せばいいや。勝った

ら返せばいいや。

と思い、近所のC D で金を借りてはパチンコをやる日々が続く。

プロでもない僕は、当然負けが増え、結局、1 0 万限度まで借り入

れてしまう。

ギャンブルで負けた金は、ギャンブルで取り返してやる。そう思っ

た僕は、更に借金を重ねて行く。

56

■ 第2章 金銭感覚

1 0 万の限度額借り入れた頃、ア○ ムより、会社へ連絡が入った。

ご利用期間が長くなってきたから、限度額を1 0 万から3 0 万にU

P します。とのこと。

これは最終的には5 0 万まで上がったが、それはもう少し先の話。

3 0 万にU P したと聞いた僕は、早速、C D から金をおろす。もう、

この頃は、借りるとゆうより、

お金を銀行からおろす感覚だった。ボーナスで一括返済すればいい

や。などと甘い考えで

次々と借り入れてゆく。パチンコで負ければ借り、負ければ借

り・・・・

1 週間ほどで、1 0 万の借金は2 0 万へと増えていた。ギャンブル

で使った借金はギャンブルで

返してやる! と思い、( これが馬鹿) 競馬へシフトした。

これが更に借金を増やす結果になる。

競馬予想会社の広告に騙されてしまったのだ・・・・

魅惑的な広告。

情報料とゆう形で、3 0 万支払い、更に馬券代として同じ額を使う。

当然、すべて借金。

すべて無人で借り入れ。

アイフ○ は、3 0 万即金で。本田ちよがマスコットの千代田トラス

○ 。

ここは、電話で借りた。2 5 万。

更に、1 週間ノーローン( 1 週間で返せるわけがないから意味なし)

のシン○ は2 0 万。

プロミ○ は、会社の昼休みに無人くんで審査。

ここも3 0 万。

すべて競馬に消えた。

更に、信販系のクレジットに申込み、2 0 万。

それが、大手最終となった。

この頃になると、大手無人では審査がおりなくなっていた。

審査で落とされるようになる。

大手がだめだと、少しL A N K を下げ、マイナーなところに行くの

流れ。

57

この頃になると、もう返済は追いついていない。

1 2 万の手取りに対し、支払いは1 2 万以上だ。

それぞれの返済は、利息のみもしくは、利息より多少多めに支払う

が、

すぐ借り入れてしまう。

元金はまったく減らない。

この状態が2 ヶ月ほど続く。

58

■ 第3章 闇金

借金総額が、2 0 0 万を超えると2 流のいわゆる街金も貸してくれ

なくなる。

僕は、その場しのぎの金欲しさに目がくらみ、とうとう闇金に手を

出してしまう。

新聞の3 行広告に載っていたとある会社にTEL。現在の借り入れ状

況を簡単に話す。

すると、審査があるから3 0 分後にもう一度電話をかけてくれ! と

のこと。

3 0 後、もう一度電話すると、審査は通ったが、1 0 万しか貸せな

い。

振込みは出来ないので会社まできて欲しいといわれ・・・・・

翌日、仕事を休み、神田駅にある金融会社へ向かう。

雑居ビルの5F。店の看板もでていない。

会社とゆうより、面接室みたいな感じで、妖しい・・・・

担当の男の人は、まあ普通な感じのおじさん。

1 0 万貸すけど、うちは十一といって1 0 日で1 割の利息がつくよ。

といって1 0 万から3 万円引かれる。これは利息だからといわれ、

1 0 日後には、1 3 万返してね。と。

きちんと返せば、怖い人もこないし、大丈夫だよ

あの頃は、それで納得して借りたが、いま思えば、十三だったんだ

よな。

結局、7 万円は競馬に消え、1 0 日後、2 0 万のボーナスから1 3

万を

郵便局から振込みで払った。

そして・・・・・

著者のYamamoto Yuriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。