「腹黒い」と言われて、目をキラッキラさせる者たち

1 / 2 ページ


こんにちは、腹黒の会会長の吉田です。

と、いきなり言われても意味不明だと思いますが、

「腹黒の会」というコミュニティを主催しています。



腹黒の会の名前を出した瞬間の反応は、大きく2つに分かれます。


腹黒の会っていうのを主催してます!


こういった時の反応の1つ目は、

完全に嫌な顔をされるパターンです。


ちょっとこの人・・・何か嫌なことでもあったのかい?

と思わされるレベルで、顔が引きつります。


でもそこは大人。一瞬の反応ですけどね。

僕は見逃しませんけど。



で、もちろん、その反応が見れた場合には、

何事もなかったかのように、別の話題です。


あーこの人にはまだ早かったんだなってことで、

心の中の残念な人ノートに書き込んでしまってるかもしれません。






2つ目の反応は、この「腹黒の会」の名前を出した瞬間から、

目をキラッキラさせて、何それ何それ?と身を乗り出してくるパターンです。


ニヤリとしつつ、クックックッ♪

こんな反応も実は多いです。




キラッキラか、クックックッ

この反応をする人の特徴があります。



多くの人に伝えてくる中で明らかになった特徴なんですが、



この反応をする人には



圧倒的に美人が多いです!



いや、ほんとに。

僕が美人にしか言ってないわけじゃあないですよ。



これに関しては、思うところがあるので

後で改めて見ていきますね。



シニフィアンとシニフィエ


これは言語学の用語ですが、簡単に言うと

シニフィアンが名前、

シニフィエが、その名前の指すモノやイメージです。


例えば、


犬は好きですか?

と聞かれた時に、どんな犬を思い浮かべるでしょうか。


こんな犬や


こんな犬



もしかしたらこんな犬かもしれません



色々あると思いますが、

人それぞれですよね?


ここでは、「犬」がシニフィアン。

あなたのイメージしたモノが、シニフィエです。



ちょっと現実世界に戻りますが、

もし誰かと会話が成り立たないなーって時。


その時は、ここでズレてる可能性があるので、

さっきの場合であれば、もうちょっと具体的に「小型犬」や、

「シーズー」などのシニフィアンで言ってあげること、

シニフィエをできるだけ揃えていくと、コミュニケーションが

スムーズになっていくはずです。


※「コミュニケーション」というシニフィアンが指すものも人によって

大きく違うので、気をつけないといけないですけどね。




つまり、「腹黒」というシニフィアンに対し、

シニフィエが全然違うからこそ、反応も違ったってことです。



実際に、僕も「腹黒」のイメージも持ってます。

しかもいい意味で捉えています。


ですからもし仮、話している相手が攻撃のつもりで


腹黒いなお前!


と僕に言ったとしても、

残念ながら、褒め言葉にしか受け取れないですね。

さわやか言ってしまうくらいの気持ちです。


あ、どーもどーも、ありがとう!

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の吉田 大輔さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。