うさぎのおんがえし

満月の夜、見知らぬ者の声を聴き、うさぎは目覚めた。


「せつこ、起きろよ。」


隣りの部屋で寝ているはずの兄の声だ。


目を開けてうさぎの目に映ったのは、

髪を後ろで一つに束ね、落武者の出で立ちでベッドの脇に浮かぶ、

フォログラムのような男の映像であった。

「怖い!」

「誰か、助けて!」

叫ぼうにも、声が出ない。

金縛りの体を、必死に起こそうとしても、無駄なことだった。

目をつぶったうさぎの目の内側にも、その男の顔がアップになって映り込んでくる。

「何か悪さをしに来たのでなければ、立ち去ってほしい。」

うさぎの想いに答えるように、その男の映像は、ふっと消え、うさぎの体の上に乗っていた男の体重が感じられなくなるように、金縛りの体が解けて、自由に動けるようになった。

その晩、うさぎは二階の自分の部屋から、一階に寝ていたお父さん、お母さんの間にもぐり込み、眠った。


著者の野村 節子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。