トレードと恋愛はちょっとだけ似ている(かもしれない)

1 / 2 ページ

「トレードのシナリオ構築の概念」についてもう少し詳しく教えてください、とツッコミを受けました。


シナリオ構築とは一言でいえば「出口戦略」

ポジションを持つ、つまりエントリー前に「どこでエグジットするか」を考えておくということです。



トレードでお金を稼ごうとしたら当たり前のことだと僕は思うのですが、なぜかあまり教えてくれないんですよね。

稼いでいらっしゃるらしい、お偉い先生方は。


なんでなんでしょう?

何か黒い理由があってあえて言わないのか、そんなことを考えなくても稼げるセンスの塊の大天才なのか。

不思議です。



最近はいろんな人と会うようにしていて、新たな刺激を得ています。

いわゆる「経営者」と言われる人とお話しをすると、成功している方は「出口戦略」を意識していることがほとんどです。



ビジネスにおいては始める前から「いつ終わるか?」を考えるのはやや早計ですが(笑)

ある程度の規模になってきたら、いつ退くかを考えないといつまでも自分がいないと成り立たない仕組みになってしまいます。

なぜかいつも忙しい社長の典型ですね。



そういえば最近になって、一見ヒマそうな人のほうが実は儲けている、ということを再認識しました。

いかに自分がいなくても回る仕組みにしておくか、に全力で頭を使う。

僕も20代後半はそんなことばっかり考えていたのですが結果はイマイチでした(苦笑)

経営者としての器がまだできていなかったことを認めて、再度プレーヤーとして出直してます。



ビジネスにおいても、出口戦略は重要な概念ですね。




もうちょっとカジュアルな例をあげると「異性とのデート」に関しても出口戦略は重要ですね。

その日のデートをどこまで持っていくのか。



手をつなぐのか


キスまでなのか


その先までなのか


みんなの読んで良かった!