海外で起業し、【500万の赤字】と【リストラ】を経験してやっと学んだ「○○がない事したらあかん」という話。

1 / 3 ページ

Gong
皆さん。そして、将来の俺。○○のない事は絶対せずに、○○のある事を一秒でも早く実行すれば成功に近づく。二度と○○の大切さを忘れないために、二度と同じ失敗をしないために、そんなストーリーです。


この話はセブ島で起業し、東京に撤退する事になった僕の失敗談です。

初めまして!Gongです。



早稲田を退学して、20歳で公認会計士試験に合格し、
24歳の時にプログラマに転職して、25歳で独立。

そして26歳
2013年1月にリュック1つでフィリピンのセブ島に来た。


セブ島で会社を設立し、
フィリピン人8名、日本人4名とともに
英語ゲーム事業に転換したが、(↓こんなアプリです。AndroidとiOSで出てるのでDLしてみてね。)


ゲームで学ぶ英単語RPG【英語物語】

累計500万以上の赤字を出し
2014年7月リストラして、
開発部門をセブ島から撤退し、東京に戻る決断をしました。


同じ失敗をする人が一人でも減り、
将来の僕が二度と同じ失敗をしないように
この1年7ヶ月の反省をまとめたストーリーです。


①大人向けアプリで独立して半年、いきなりセブ島へ

会計士からプログラマに転職して半年後、


趣味で作ったちょいエロアプリが100万DLを超えるヒット作になり




既にストアからは削除されてます。

それがきっかけで、アプリ制作で独立。
その半年後、以前から「これからは海外だ!」「でかい会社を作りたい!」と思っていたので、
英語ができる人材が安く雇用できるフィリピンへ視察に行く事にしたけど、
日本に戻る理由はない!とそのまま、セブに滞在。

妻と息子には実家に帰ってもらい、

ちょいエロアプリの開発をセブ島で行う事にしました。

この時点でもう○○がありませんでした。


②とりあえず、現地のプログラマ採用してみた。


周りの人
なんでセブ島で開発するんですか?
セブ島は英語を話せるプログラマが簡単に採用できるからです!

てな感じで答えてた当時の僕。
セブでの生活にも慣れてきた頃、

このままではセブにきた意味がない!
早くプログラマを採用しなければ!


と焦っており、知人の紹介で、同い年のプログラマを採用しました。
幸か不幸か、彼は非常に優秀で、未経験でしたが1割言えば10割分かるそんな男でした。

そんな彼と2人でせっせと新しいちょいエロアプリを量産しました。
この時から、僕は従業員の管理が必要になりました。

この時もやはり、○○がありませんでした。

③さっそく、PEZA法人「FreCre Inc.」を設立!

プログラマの採用も終わり、一息ついた僕が次に取った行動は、会社設立でした。
フィリピンに来た理由の1つでもあるPEZA法人の作成です。

「説明しよう!PEZA法人とは」
売上の7割以上が海外向けであれば、4年間法人税・消費税が0%で、
その後も売上の5%の税金を支払うだけでいいという、経済優遇措置を受けた法人です。
普通の小さい会社は外国資本は40%に制限されますが、PEZA法人ならほぼ100%大丈夫です。

弁護士事務所に80万円近くを支払い手続を開始、
無事2013年7月頃、PEZA法人「FreCre Inc.」が誕生しました。


みんなの読んで良かった!