おじいさんとの対話 4    薬の対症療法の限界と手術の進歩は医学の退歩

1 / 7 ページ

おじいさんとの対話 4  

 薬の対症療法の限界と手術の進歩は医学の退歩

      根本原理は「夜昼転換」

現代医学は対症療法

himaari:現代医学は対症療法と言われていますね。症状を治せば病気は治るということでしょうね。

おじいさん:これ程間違った話しはないであろう。すなわち熱が出たから氷で冷す、痛いからと神経を麻痺させて苦痛を免れるというやり方は、ホンの上面に現われた症状、いわば病気の結果を対象とするのであるから真に治す方法ではないじゃろう。

himaari:でも「治る筈はない」というのも少し極論に思えますが。みんなが病気をすれば病院に行きお医者さんからお薬を処方して貰いますよ。そして病気が治っているのですよ。治らない人も居るでしょうけど。

おじいさん:本当に治るのなら世の中はもう医学の進歩で病気は漸減しているはずじゃ。しかしドンドン重度な病気が増え、難病も増えている。しかも風邪ごときで大騒ぎしているのはなぜか。君は考えたことがあるのかね?

himaari:と言うことは医学の進歩では無かったということですか。たしかに何十年も驚異的に進歩した医学と言うのなら、軽い病気ばかりになっているはずですね。

その原因が対象療法だからと言うのですか?

おじいさん:あらゆる病気が症状として現われるには、その原因がどこかに潜んでいるはずじゃ。ゆえに顕れた症状は結果であって、原因は違っているとしたら解決しないじゃろう。

himaari:医学では、その原因を分かっているから治療するのではないでしょうか?

原因も分からないとしたら、どうして治療することが出来るのでしょうか?

対症療法とは病気の原因の治療ではない

おじいさん:はじめにそのことの意味を君が言ったことじゃろうが?

「現代医学は対症療法」とね。

対症療法とは病気の原因の治療ではない、病気症状の治療というわけじゃ。

himaari:そういえば、医学では原因療法とはあまり言いませんね。症状を抑えるとは言いますが。治っても「寛解」とか言うそうですし。

しかし、症状を抑えるといっても結局は苦痛症状が楽になれば治ったと思いますね。

おじいさん:そうじゃよ。それで根本的に治ったものなら、それでも良いんだがね。だが、それが一時的である場合もある。

個々で言えば、真に病気が治るという事は、原因が除去されて元の健康体に戻り余病や再発が無いということじゃ。全体に大きく見ると、「医学で病気が治る」となれば、世の中から重難病が次第に減って行き軽い病気ばかりになってくる。その結果、病院やお医者さんが暇になって来る。インフルエンザごときで毎年大騒ぎするなんてこともなくなるじゃろうよ。

himaari:そうですね、あたりまえの事でしょうが、何十年か過ぎて行くに連れて、世の中から病気が減って行きますね。病気が全然無くなるとは思いませんが、大きな病気は減って軽い病気ばかりになって行くのが自然ですね。

病院は暇になるから医師不足どころか余ってくるはずだし・・

おじいさん:それが本当の「医学の進歩」の結果というものじゃ。世の中に病気の人が年々少なくなるとすれば、お医者さんも当然ひまになる。

そうなると全国の病院も仕事が無くなるから廃業する所が続出するだろうね。実際そうなっているのかね?

himaari:残念ながら逆になっていますよ。そう言えば、僕が小さい頃には「医学の進歩によって癌などの難病は21世紀には解決するであろう」とか、新聞に書いてありましたね。

その時はきっとそうなるものと思っていましたが、もう21世紀に入ったのに全然そうなっていませんね。いえ、むしろ逆になっているくらいですよ。かえって重い病気が増えたりして、癌の撲滅どころか死因のトップになってしまいました。

日本人は医療に対して心底安心できないのですよ。その証拠にテレビの健康番組や健康雑誌が人気ですからね。わざわざサプリメントや健康食品などを買っている人も多いです。

おじいさん:それは「医学が結果を出していない」という証拠じゃろう。もし病気になっても心配のない世の中になっていれば、それほど意識してまで健康に気を使うことも無くなるはずじゃ。

それなのに「医学が進歩した」と言いながらも、実際には次第に重度の病気が増え続け、ごく軽度の風邪程度でも心配するようになってしまったということは変だと思わないのかね。

himaari:単純に考えるとそうですね。しかし、世の中のひと、みんなが言っていますよ。

「じつにありがたいものだ、医学が進歩したお陰で・・」とね。

医学の進歩」ではなく、「医学の退歩」

おじいさん:実際は「医学の進歩」ではなく、「医学の退歩」であったと言っても反論できないじゃろうが?

事実として見ると結果が逆になっているではないかね。いままでの医学は根本的治療法ではなく、「症状のみを停止するための対症療法」だったということが事実として現れただけじゃ。

himaari:長い目で見ると原因治療でなかったという事がよくみえてくるんですね。「医学は進歩している」と思い込んでいるだけだったのでしょうか。

おじいさん:事実として見ればそうなるじゃろう。この理によって本当に病気を治すには、症状などは末梢的なものであって、どうしてもその根本原因を探り当て、それを除去しなければならない事は余りにも当然であろう。

himaari:症状は結果であって、原因を探るですか?病気の根本とは何でしょうね。

おじいさん:表面的に見ればひとつの症状でも原因が異なる場合があるのじゃ。例えば、頭痛にしても脳貧血の為と発熱の為と両方ある。前者は頸の周囲に固結があり、それが血管を圧迫して貧血する。後者はその固結の溶解の為に発熱する。それが頭脳へ影響して痛むのである。

himaari:なるほど、現れた症状は同じ「頭痛」でも、その原因が違うということがあるんですね。症状を止める為に頭痛薬を飲んでも解決しないという事でしょうか。

盲腸の原因

おじいさん:いくら対症療法を施しても原因が解決されない限り、いつか再発するじゃろうし、別の病気に転化する。薬というものが病気の原因を除去してくれるのなら、そこで解決するはずじゃ。だが、治せないから慢性になってしまうものが多いから、薬を飲み続けなければならないのじゃ。

例えば、盲腸炎の原因は右側背面腎臓部に必ず固結がある。それが長い間に少しづつ溶解し、いったん盲腸部に滞溜し固結していたものが急に発熱によって液体となり、下痢によって排泄されようとするその痛みである。

みんなの読んで良かった!