ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

2 / 2 ページ

研究員をしていましたが、仕事をさっさと切り上げて、

明るいうちから毎日キャッチボールをしてくれました。

できるだけ、サボれるように努力しろ
は?サボったら怒られるじゃん。
サボれる奴には可能性だらけだからな
意味分からないし

サラリーマンよりずっと多い収入をもらっていたようで


お金があると人を喜ばせられるからいいぞー

お前も自分の好きなことで稼げよー
好きなことを仕事にしたら、好きなことが好きじゃなくなるって誰かが言ってたよ
そんなことないぞ。現に父さんは好きなことしかしてないw

と言っては、よく母親に内緒でお小遣いをくれました。




★おかげで、仕事は効率よく短時間でやることが大切で、働く時間や量ではなくて価値の大きさで収入がきまる。

 それがすばらしいことだと信じられました。


※母親からは逆にいつも「公務員か大企業」をススメられ、安定こそが絶対正義だと教わり、いつも混乱していました。




そんなおかしなことだらけの親父でしたが、

チェルノブイリの原発事故があった時に

調査員として現地に飛んで被曝しガンになりました。


私が高校生の時に、余命は半年と告知されたんですが、

それから6年も生きて普通にバリバリ仕事をしていました。


たびたび手術を繰り返し、入退院を繰り返していましたが、

反抗期だった私は特にお見舞いにも行きませんでした。



そんな父が、私が20歳の誕生日を迎えたある日、

当時入院していた国立がんセンターを抜けだして、

私が一人暮らしをしていたマンションに突然やって来ました。

旨い酒があるから一緒に飲もう
あ、ああ

酔っ払ってしまってどんな話をしたかは

ぼんやりとしか覚えていませんが、

今までにしたことがなかったような話をたくさんしました。


父の夢の話や父の家族に対する思い、

世の中を変えるような研究をする楽しさ、

私の夢の話なんかもしたと思います。


後から聞いてわかったんですが、父は

息子が20歳になった時に、一緒に酒を飲むまでは死ねない

といつも母親に言っていたそうです。


あとからその話を聞いて涙が止まらなかったのを覚えています。



父が、思いだけで生き長らえてくれたこと、

死んでからも私たちが困らないように、

しっかりと財産を残してくれたこと。


本当にすごい父だったと、感謝してもしきれません。


頭おかしかったけど。


-----------------------------------------------------------------


こんな思い出がたくさん蘇りました。



これはビジネスになるかも!?



ハガキはつくば科学万博85で郵政省が

【21世紀に届く手紙】という企画で父が

偶然私に向けて出していたものです。


うちには2005年、つまり万博から20年後に届きました。



父は、(あたりまえですが)自分が死ぬとは思わず手紙を出していました。



ハガキが届いた当時、私は起業したてで、

会社がうまくいかずにもがいていた頃でした。


だからこの手紙を何度も読んでは泣き、絶対に成功して母親も妹も安心させたいと決意しました。



この父親からの手紙は、

きっと偶然でもなんでもない・・


時間が経つにつれ、

こんな感動をもっとたくさんの人に感じて欲しい!

という思いがどんどん膨らみました。


亡くなった人から、手紙が届く。


なんてすごい感動なんだろう・・



映画や小説ではありそうな話でも、

現実に手紙が届いたときの感動のレベルは桁違いです。



これは、ビジネスになる!



当時の私は、サプライズの会社を起動に乗せようともがいていました。


「動き出した時に偶然起こる”前兆”を見逃しちゃいけないよ」


私が弟子入りをした美人女子大生メンター

いつも言っていたことでした。


そして、ハガキの到着から数年後・・


私はサプライズの会社の中の事業の一つとして

【遺言サプライズ】というサービスを立ち上げました。


余命が分かっている人が、

「自分が死んだ後に家族や友人にサプライズを届ける」

そんな一風変わったサービスです。


例えば、若くして旦那をなくした奥さんのもとに

毎年誕生日には旦那からの手紙やお花が届く。


例えば、亡くなった人から友人たちに旅行のプレゼントが届く。

その旅行に行ってみたら・・

故人からのメッセージDVDやプレゼントがある。


そんなサービスを、全国のホスピスさんと組んで

展開させていただいています。


サービスを始めるときにはたくさんの方からの非難がありました。


でも、今では故人の家族の方や友人の方たちから応援と

たくさんの感激の声をいただけるようになりました。



お客さんとサプライズの打ち合わせする時には

「残りの人生でやりたいことは何か?」に向き合って、

悔いのない余命を過ごすようにしてもらいます。


自分が死んだ後も人にサプライズを与えることや、

思いが残せる状態にワクワクするらしく、

このサービスに申し込んだ人が、

ほぼ一律「余命が圧倒的に伸びる」んです。。


ワクワクしまくっている状態って、

病気が似合わないんですよね。

だから余命が伸びると、勝手に思っています。


このビジネスができあがったのは、

あの変人の父からのたった1通の手紙がきっかけです。


もし、あなたが自分でビジネスを作りたいとか、起業したいとか、フリーランスになりたい思いがあるなら、


【一生懸命もがいている時に起きる偶然を見逃さない】


ようにしてみてください。



きっと、その前兆の中に

大きな価値やヒントがあるはずです。



サプライズのビジネスを立ち上げてからの、

★苦労の時代のお話はこちら

★年収3億円の女子大生メンターのお話はこちらです

※美人女子大生の話はストーリーズのストーリにあります

著者の小泉 憲一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。