自分の夢があまりにも遠くてでかすぎるものに思えたときに思い出してほしいウイル*スミスの言葉。

自分が本当にやりたいことにきずいても、今の自分があまりにも情けなかったり、がんじがらめになっていたり、本当に自分にはそんなことができるのかと怖くなって立ち止まり、夢をそのまま心の中にしまったまま、何も行動が起こせなくなって、毎日の雑事で自分をごまかして生きている。

多くの人がいつか、いつのひかと思いながら生きていると思う。99%の人が夢見る夢子ちゃんで人生を終わるのだ。それはなぜ? それは自分の中にある恐怖と戦うことが怖いのだ。今持っているものを失うのが怖いのだ。自分の夢のために死ぬ覚悟ができないでいる。今持っている自分の生活と夢をはかりにかけて、どちらが失うものがおおきいかなどとはかったりする。

夢に向かって生きるということは、自分の中にある恐怖感とのたたかいである。でも、その戦いに勝つ方法がひとつだけある。それをウイル*スミスが教えてくれた。

それは、大きな壁を作り上げる時に、、毎日一つずつ、たった一つのブロックに100%の集中をしてつみあげていくことである。壁を見たら途方に暮れるでもたった一つのブロックを積み上げていけばいつか壁ができる。自分の中の恐怖に打ち勝つためには、毎日毎日夢に向かってひとつずつブロックを積みあげていく、それしかないのだと、この映画界の成功者はおしえてくれた。ありがとう!

私も自分の中にある本を書きたい、多くの人に私のアメリカでのサバイバル人生を知ってもらいたいと夢をえがいていましたが、長いこと立ち止まり続けてきました。でも、今は毎日書いています。夢に向かって書いています。一つ一つのブロックを丁寧につみあげるように。

私のように怖がりだった人、自分の中にある恐怖と戦い、夢をかなえましょう!

この夢に向かう話に興味のあるかたは、YOUTUBEで Will Smith Success をみてみてください。




著者のぎぶん そらさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。