英語と言う情報と経験の対価


あれー?学生の頃は人類皆友達だと思ってたのに。。。@24歳。バンコク


結婚して子供がたらふく出来てマレーシアに来たけれど。。。


マレーシア人との出会いで相棒達を手に入れた私の英語情報量は飛躍的に伸びましたが、

代わりに払ったストレスは相当なものでした。


その①靴下を玄関の靴の中に毎日入れる。昨日と同じ靴下をはいて行く。

イライラが止まらないがこらえて注意。

そしてたまにいれる程度に改善。




その②洗濯物を干す様に言ったらこの様に干されている。

一緒に5回程やって若干改善。たまに1に戻る。・・・ゼロかも(汗)。



 その②食べ物を音を立てて食べる。

クチャクチャクチャ。。。。

それにしてもうるさいんですけどマジで(涙)


その③仕事の起点となるアポイントでつまづく。(☼Д☼)

そして「しょうーがねーじゃん。。。ファック。」

日本のクライアントの要求をしょうがない、ファック。

ファック、ファックファック。

四六時中ファックで済まされる(涙)死にたい。。。(☼Д☼)

日本でつるんでいた国費留学のアフリカ人の優秀さを再確認(涙) 


その④うっかりパーティーを開くと警察が来るんじゃないか

ドキドキする位親戚を連れてくる。実際目黒で外国人を呼んで

パーティーしたら、近所の人には通じなかったらしく、案の定警察が来た。。。

大使館の方とかです。彼らに対して差別をしたようで恥ずかしかった。。。



その④そしてとどめに生き物を無断で飼って来る。

なんで家にイグアナとカメとハムスターがいるのか全然わからない(涙)


 ・・・まだあった。


そして最初1ヶ月は四六時中、家族の前でイチャイチャしていた。

そして最初1ヶ月は四六時中、

家族の前でイチャイチャしていた。

そのたびに、バカ過ぎるが

怒ってはいけない。

怒ってはいけない。

怒ってはいけない。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ゴルゥアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

What a fu◎k you thinking about!!!!!!



おしまいだ。やってやろうじゃないか。


うまく吐出せずに大爆発(笑)


その度それでも

「いや、私にだって人を見る目には自信とプライドがあったはず。。。(怒)。」


怪しいインド人を家に招き入れた事について、自分の辻褄を合わせようと必死でした。

「しっかし、お前は本当にクソみたいに動かねーなぁぁぁ!!!!!!!(怒)」


もはや人間と言うより島・・・。


四六時中イライラし、

パパに諭され、息子に諭され、こみ上げる怒りを抑えていました。

パパも本当に・・・いい加減にしてくれない???

って感じになって、いよいよ私は母親としてのファミリーマネージメントに

集中しなければいけなくなりました。。。


私はつたない英語でなんとか解り合おうとしたのですが、

あえなく毎度撃沈。


仕方がないのでお互い我慢をしていました。

だけど仕事の意思疎通の誤解は困る。。。


正確に伝わった所で仕事が期日内に終わる事なんて・・・

この国ではありえないんだから。


それでもインド人は私のヘタクソな英語にも

突然荒れ狂うオバさんのヒステリーにも

とりあえず耐える。

これをしてくれていました。だって彼も若いし、

彼女の隣だし(勝手に家にいる。)

ムカつくでしょうそりゃあ。相手も。

時には最初嫌がっていた掃除をして、時には下のジムに行って。

こらえてくれていました。


外国人は基本優しい。

とりあえず、コミュニケーションにストレスは付きものだから、

喧嘩をしても、喧嘩をしても、また喧嘩をしても

「お互い好きだからね。だから喧嘩する。」

と思っています。だからその喧嘩以外の事は話に持ち出さない。

良くなる事が目的なのに、相手を傷つける必要がないからです。


お互いそれが合ったので、とりあえず我慢出来なければ

泣いてわめいて伝えて


また我慢出来なければ泣いてわめいて伝えて


最後には「じゃ、そういう事でw」


どうしても通じなければ絵に描いて。


普通の生活に戻れました。


私はこうして海外で実際に喧嘩をし、

「喧嘩をしても遠くのゴールを見る。喧嘩の時には
必ず相手の感情についても折り合いをつける。
傷つけたいつもりはない事を必ず伝える。」
外でのルールを身につけました。


英語って、めちゃくちゃクレージーで面白いんです。

我が家にいたもう1人のインド人、サイモン君は

エジプトから彼女が来て以来、

3ヶ月程音信不通です。

ふふふふw完全に慣れたw

いつふらりと登場しても全く気にならないw


ここマレーシアは、3年経ってもなお修行の場所です。

マレー人、中国人、インド人。

どれも強敵です!!!


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。