人生辛いのが本気でダメでした(汗)PT2.

前話: 人生辛いのが本気でダメでした(汗)PT1.

多分私は色々な物事の境目が、サボリへの道であると感じ

いつもグレーゾンを探していました。時々間違えて黒い所まで見たけれど、

別に黒いもん見たからって黒くなる訳じゃないんでね。

朱に交われば赤くなる。と人は言うけれど、

私にはその状況を見比べる環境自体が、常に一杯あるから大丈夫です!

私はとにかく年がら年中本当は、心から

サボりたい!!!!!!!

そう思っているので、

結果毎日死にものぐるいで動き、探すはめになっています。

バカですけど、気にしてもいません。

でもそのサボりたいレベルは東大とか京大に近い自信があります。

何故ならば、

私がサボりたいために「サトリを乞うた」人達はそのレベルだから。

やはり心の奥底から本当にサボれる人になるためには

一流に聞くしかない。そう思っていたから。

両親がしっかりしているので、この辺だけ間違えないんです私。

あ、ちなみになりたがりお嬢様は覚えておくと良い!

ビトンじゃないんだ。モンブランじゃないんだ。

育ち良い仮面を被りたいなら鳩居堂が間違いないんだ!


・・・何しろ

そーかそーか、一流か。。。なんだか楽しそうだ。。。w

上がって来ちゃったなー。。。


そんな訳で、私が今までアプローチをし、お茶をした人の数々。

−銀座と六本木で会えそうな偉い人だいたい。

−渋谷で会えそな怖い人一部 有名遊び人一部

−宝石屋さんで会えそな偉い人(ここはバラエティー豊かだった)

あとクラブで声かけたマックさんとか。

アハハハw 普段のマックさん気になるでしょwwww

その他は秘密で。


私が小さい頃、父は家に良く銀行の偉いっぽい人とか、

取引先の偉い人とか、従業員の全員とか、米軍基地の偉い人とか、とにもかくにも

母のキャパを完全に無視した人数を招待し、パーティーをしていました。

答える母も母やねん。。。みたいなほんと、20人と家族6人で26人とか。

60人の庭のパーティーとか(汗)私の器はこの辺にあるんじゃないだろか・・・。

父と母のチョイスが大概おかしい。

実家の庭と父がいきなり買って来たペットのポニー。


私は保育園の記憶はいくつかしかないのだけれど、その4、5歳の時点で

−金持ちは大概喧嘩せず。

−ウイットに富んでいて

−単純に人に何かをしてあげるのが好きな人たち。


そういう事が解っていて、沢山そういう人は家の中で見たし、

その感覚はどれもクリアでした。

なので、


東京に来ても

「やっぱ頼るなら偉い人っしょ。良い人多いしwww」


そんな感覚で偉い人に

「しゃべるわしゃべるわしゃべりまくり、

聞くは聞くは聞きまくって」


偉い人に頼りつつ、色んな話を知りました。

ただ、偉い人と会うのは仕事時間以外。

なので、私は偉い人が

何の職業につき、

何を考え、

何に悩み、

何に喜び、

何に悲しみ、

そして何がしたいか。

で、何食っていながら破廉恥な事が行なわれているのか。

想像以上ですよ。

そういった人生の矛盾事は、一流のレストランで奢られながら非常に

詳しくなりましたが、


そのためについ最近気付いた事。

「。。。。え、だから私仕事の仕方知らないんじゃん(汗)

ヤバい・・・お金の貰い方も教えてもらわないと(汗汗汗)」


とんでもない事に気付いたため、

ちょ・・・・サボりは今短期封印。。。

仕事覚えなきゃ(涙涙涙)

方々に頭を下げまくっているのでーす!


話を戻しますが、そんな感じのテーマでサボるテーマを一流に聞き続ける事と、

自分の趣味で渋谷に入り浸って悪い人達を見続ける事で、

ある事が私の中で仮説として浮かび上がって来ました。

いやまさか、でもそんなはずはない。。。。(汗)

私はサボりたかっただけだ。

日本の間違いには全く興味がないじょ(汗汗汗)


でもそれって本当に

もしかして、日本で今起きているおかしな事かも・・


それって、頭がいい人達が当然の事ながら「仏教や哲学、文化、芸術」分野を学んでいるにも

関わらず、その視野や体験が非常に乏しいため、学んだ学習を応用出来ていないのかも。

偉い人達が作るシステムのコンセプトそのものがズレているかもしれない事なのかも・・・


そんな事を考え始めたら、

もう、働いている場合じゃないじゃん!!!!!

ますます好奇心に磨きがかかってしまった私は、

働く事をとりあえずやめねば・・・・


なんやかんや理由をつけてタイに渡ります。


なんでや(汗)


続く。。。


今日言いたかった事は、マップ&トークとさえあれば、

日本は英語と調和で満ち、

若者はこんな私みたいにバカ真似をしなくて済むって思っている事。

ふざけてばかりの人が阻害される必要もないって事。


日本の不良の70%は偉い人の概念の見直しで

「税金を払わない不良」から「海外で活躍する日本の人材」に

利益転換できると思ている事。


そのために偉い人は、私達不良が長年訓練して来た「感情との対峙」から

もう逃げないで欲しい。いい加減変わりたいんです。

ほんと、じゃないと、まじで。

国会で黒革の手帳って言う政治団体作っちゃいますよ。

すごいウソですけど。

とにかく日本はベストの押しつけがひどすぎて、

社会が全くフェアな感じがしません。

政府が喉から出が出る程欲しいグローバルは、

「良い子」が通じる程甘くないんで。。。

フェアな外国に立ち向かえない。


今私は子持ちになって、海外に来て、案外子供と言うブレーキを付けたら

意外に自分が真面目な事に気がついちゃいました(汗)


私もテーマを間違ってただけじゃん

。。。。。「サボり」って。


で、最近そういった疑問がすでに教育界で取り組まれている事を

最近知りました。

実際に偉い人に会う事が出来なくなってからも、

私は外国で自分の基地を作って

何らかの可能性を信じて発信し続けたから。

もうこうなっちゃうと・・・

また元気が出るやん。

よし・・・またぎりセーフ...



と言う感じで、今度はFUMIKO、教育力も仕事力もないため、

今度は教育界の一流にタッチしている所w


フッフッフ。

マインドマップがあると、目的達成能力が半端なくなるのだ。

(クダラナイ要求も含めて)。


オンライン間近です。

よろしくお願いしますー(人´∀`*)

ちょっと変わった英会話トレーニング MAP&TALK

(詳細はこちらから☆)


著者の中村 芙美子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。