人生辛いのが本気でダメでした(汗)PT1.

1 / 3 ページ

後編: 人生辛いのが本気でダメでした(汗)PT2.

FUMIKOのMAP&TALKは、私が37年間泣いて笑って


いかにして人生サボりながら楽しみながら得をするか。。。

ただ純粋にそれだけを37年間真剣に考え抜いた1つ目の結論です。

マレーシアに来たからわかった。だから書き続けたいんです><

サボりの仕組みと効果を解りやすく説明致します!!


マップ&トークのコンセプトはこちらから↓

http://www.malaysia-magazine.com/immigrate/child/map-talk/3383/


これ、、、出来合いの物を組み合わせただけじゃん!!

って思うかもしれないけどサボりたい(感情と行動の合理化)

がそもそもの目的なんでそういわれましても・・・(汗)

今は私の説明がアホすぎてなかなかウマく行きませんが、

でもきっときっとそれがいつか日本の役に立つんだ・・・!

と考え中です。 

私は今みたいに時々スケールのデカい話をしますが、

正直申しまして、それは当たり前なのです。

日本人のスケールは「細かく正確」

私(もしくは外国人)のは「荒い」いので、そこしか見えないからです。

メッチャ荒いけど死後のプランまである。


日本語って意外と誤訳や省略が多いので困るんですけど、

元々スケールがデカい=器がデカい=偉い。とは多分何も言っていません。

スケールが大きい=意味は計りがデカいとしか示していないのです。

デカいの定義は「良いも悪いも高いも低いも関係がない」

なので、今の器に対する概念には多分語釈があると思います。

日本人は偉そうにしてはいけないと思うし優しいので、偉そうにしませんが

多分言葉を正確にすれば、

「私は計りがでかいのだ」←別にー!えらくも何ともないし!

これは会話に必要です。 


日本人の正確ではない言葉その①

スケールのイメージを誤って捉えている。

そんな訳で、私は年がら年中「サボる言い訳を追求」して来たので、

すごくその辺の「キレイ汚い」言葉の使い方はウルサくないけど、

けっこう解釈にはうるさいです。

私はいつだって一所懸命です。

サボる事に!!!!

解釈さえちゃんとしていれば、

あまり喧嘩やディベートで「テンパる」事がなくなります。

みんなの読んで良かった!