あの出産時に味わうあの感触

道を歩いていると、急に

口の中がなにかが出てくるかのように

痛みを発した。


歯が・・・!!!


たとえで言えば、

お母さんが子供を生むときの

あの出産時に味わうあの感触!!!


小学校の頃、

お菓子を食べ過ぎてよく

虫歯を作っていた。






そして、歯医者にもいかなかった。

こどもだったら、苦手ですよね〜。

とにかく、いきたくなかった。


だが、親はうるさい。


ガミガミガミ!!!!


そのころのぼくは、わからない。

今のぼくは、わかった。


虫歯を作ると、大変なことになるということを!!!

本当に痛い!!!ここまで痛みを感じたのは、初めてだ。


西部劇で銃に打たれた感じだろうか・・・


とにかく


「痛い!!!」


耐えきれなく


すぐさま、僕は、歯医者に駆け込んだ。

いったらすぐに治療をしてくれる。

助かった!!!っと思ったが人生は

そんなに甘くない。


たくさんの患者が予約をしている。


今からできませんか?
受付
この時間は予約がはいっています。




がーーーーーん。。。


ぼくは、死んだ。この痛みがわかってくれるのでは

ないかと同じ人間同士わかり合える場所かとおもったが、

予約がはいっていたのであれば、しかたがないとおもい、

僕も予約をお願いした。


と、そのときだ!!!


神降臨!!!

先生
今なら来ていないんでたりはいったりするかもしれませんがそれでもよかったらどうぞ!!!
お、おねがいします涙



予約が入っているなかにも関わらず、

ぼくの痛みをやっぱりわかってくれる

歯医者さんだ。


時間は、かかってしまったが、痛みはかなりましになった。

まだまだ、治療中だが、もうならないようにしないといけない。




痛くなる前に


ちゃんと歯を磨いていたとしても、

いつなにかなるかわからないので

なにかを感じたら、すぐに歯医者にいこう。


そしたら、簡単な治療ですむかもしれないよ。


今、麻酔がきれた。。。いたーーーーーーー。

著者のはまだ なおやさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。